NEW

「地方からの怪物」第二のダンシングプリンスが圧勝で6連勝!「余裕があった」中央未勝利からの「のし上がりロード」開幕!

「地方からの怪物」第二のダンシングプリンスが圧勝で6連勝!「余裕があった」中央未勝利からの「のし上がりロード」開幕!の画像1

 17日、中京6R(1勝クラス・ダート1800m)でサンマルレジェンド(牡4歳、栗東・大橋勇樹厩舎)が勝利した。1勝クラスのレースだが、同馬はこれが中央競馬初勝利である。

 サンマルレジェンドは、昨年5月に中央競馬の未勝利戦でデビューするも12着に大敗している。その一戦限りで中央の競走馬登録を抹消されると、名古屋競馬の今津博之厩舎に転入となっていた。

 心機一転を図った初戦は2着に2.2秒差の圧勝で、力の差を見せつけた。その後も2戦目で2着になった以外は全て楽勝し、5連勝で中央再転入を決めている。

中央未勝利からの「のし上がりロード」開幕!

 中央復帰戦となった今回は、好スタートから迷わずハナを奪うと、最後の直線では殺到した後続馬を再度突き放す強い競馬で、2着に3馬身半差の快勝であった。

「地方からの怪物」第二のダンシングプリンスが圧勝で6連勝!「余裕があった」中央未勝利からの「のし上がりロード」開幕!の画像2
酒井学騎手

 そして、この勝利はサンマルレジェンドをエスコートした酒井学騎手にとっても格別な1勝に違いない。

 酒井騎手は6月19日に馬に足を踏まれ骨折してしまい、不運な形で約2ヶ月の離脱を余儀なくされたのだ。8月20日に復帰するもここまでは勝ちがなく、32戦目で待望の復帰後初勝利になった。

 酒井騎手は今年で25年目のベテランだが、騎手リーディングの最高順位は36位とお世辞にもトップジョッキーとは言い難い。

 だが、3連単330万馬券を演出した2020年・中京記念(G3)のメイケイダイハードなど、二桁人気馬で重賞5勝を挙げている他、トーホウジャッカルでの菊花賞(G1)制覇や、「旋回癖」で人気を博したハクサンムーンの主戦を務めるなど、何かと印象に残る活躍が目立つ騎手の一人である。

 中央での敗北をバネに、地方での研鑽で力をつけて再度中央へ挑むサンマルレジェンドとは泥臭さが共通点の良いコンビになりそうだ。そして、中央競馬への再転入馬が活躍した例はこれまでにも存在している。

 賞金上位となるのは「大魔神」こと佐々木主浩オーナーの所有馬で、中央復帰後はCBC賞(G3)など重賞3勝を挙げたマジンプロスパーだ。

 その他にも2010年のJBCスプリント(G1)覇者・サマーウインドや、ダービー馬レイデオロのおじで、帝王賞(G1)を勝ったゴルトブリッツなどが該当する。

「地方からの怪物」第二のダンシングプリンスが圧勝で6連勝!「余裕があった」中央未勝利からの「のし上がりロード」開幕!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. デアリングタクト「生みの親」も絶句……「松山君は後ろすぎた」オールカマー(G2)完敗で気になる次走は
  2. 武豊「神騎乗」で菊花賞のパートナーを確保、降板のルーキーに見せつけた「格の違い」
  3. 武豊「韋駄天弟」を完璧エスコート! ハーツクライ産駒史上「初」の白星達成
  4. 武豊も経験した「悲劇」がM.デムーロに直撃! 10年ぶりの夢叶わず、陽気なイタリアンに踏んだり蹴ったりの災難続く
  5. 武豊「宿敵」はやがて「盟友」へ……世間を揺るがせた有馬記念から17年、産駒と築く新たな歴史
  6. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  7. JRA “福永祐一先生”が「教え子相手」に赤っ恥!? “鞍上強化”が呼び込んだ重賞初制覇、スプリンターズS(G1)シュネルマイスターに強力助っ人
  8. JRA福永祐一「G1勝てる」安藤勝己「走ってくる」新馬戦で2冠女王スターズオンアースに快勝した大器が再始動V!
  9. JRA M.デムーロ「襲来」を乗り越えてエースの座。関係者も噂する「勝ち切れなかった男」が怒涛の3連勝でキャリアハイ驀進中
  10. C.ルメールの「大本命」撃破に名牝誕生の予感!? 落馬負傷で女傑クロノジェネシスと惜別から約1年4か月「元主戦」に舞い込んだ希望の光