NEW

JRA【神戸新聞杯(G2)展望】遅れてきたコントレイル弟が日本ダービー5着馬プラダリアら実績組に挑戦状!

【この記事のキーワード】, ,
【神戸新聞杯(G2)展望】遅れてきたコントレイル弟が日本ダービー5着馬プラダリアら実績組に挑戦状!の画像1
プラダリア 競馬つらつらより

 25日、中京競馬場では菊花賞(G1)の最重要トライアル神戸新聞杯(G2)が芝2200mを舞台に行われる。

 主役を担うのは日本ダービー(G1)で5着に好走したプラダリア(牡3歳、栗東・池添学厩舎)だろう。

 今年1月に中京・芝2000mでデビューしたプラダリア。初戦で2着に敗れると、続く同舞台の2戦目も2着と勝ち上がれなかった。ところが3戦目で2400mに距離を延ばすと馬が一変。2着に7馬身差の快勝で初勝利を飾った。

 4戦目は格上挑戦の青葉賞(G2)。未勝利戦を勝ったばかりだったが、4番人気と高い評価を受けた。レースでは好位3から直線抜け出して優勝。適性を見せつけた。

 3月に初勝利を挙げた「遅れてきた大物」が向かった大一番。中3週で2度目の東上、しかも2戦連続2400mという過酷な条件だったが、皐月賞(G1)組以外では最先着となる5着に入り、G1馬キラーアビリティとジオグリフにも先着した。

 夏を休養に充て、菊花賞を見据えて秋の始動戦を迎えるプラダリア。その鞍上を務めるのはもちろんデビューから手綱を取る池添謙一騎手だ。弟・池添学師との兄弟G1制覇へ向けて、ここは負けられない一戦となるだろう。

【神戸新聞杯(G2)展望】遅れてきたコントレイル弟が日本ダービー5着馬プラダリアら実績組に挑戦状!の画像2
ジャスティンパレス

 春は皐月賞とダービーを走ったジャスティンパレス(牡3歳、栗東・杉山晴紀厩舎)も始動戦を迎える。

 デビューから2連勝し、3戦目はホープフルS(G1)。ここでも2着に好走したジャスティンパレスはトライアルを使わずに、ぶっつけで皐月賞に向かった。結果はスタートで後手を踏んでしまい9着。さらに叩き2戦目で上積みが期待されたダービーでも9着と、春は不本意な結果に終わった

 2歳時に見せた活躍ぶりから早熟と見る向きもあるが、半兄アイアンバローズは4歳でオープン入りし、5歳になってから本格化した晩成型。本馬もひと夏を越しての成長度に期待できそう。春は450kg前後だった小さな馬体がどこまで増えているかにも注目だ。

 鞍上はM.デムーロ騎手から鮫島克駿騎手に乗り替わる。鮫島駿騎手は昨年の菊花賞がクラシック初騎乗(17番人気セファーラジエルで11着)だったが、2年連続出走に向けて、ここで陣営にアピールしたいところだろう。

 5月の京都新聞杯(G2)で上位に入った3頭も参戦を予定している。

JRA【神戸新聞杯(G2)展望】遅れてきたコントレイル弟が日本ダービー5着馬プラダリアら実績組に挑戦状!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合