NEW

JRA川田将雅「6年」にわたる悲願成就へ王手! 波紋を呼んだ乗り替わりから約4か月…“雑音”を完全シャットアウト

【この記事のキーワード】, , ,
川田将雅「6年」にわたる悲願成就へ王手!「胸を張って挑める」波紋を呼んだオークス乗り替わりから約4か月…雑音を完全シャットアウトの画像1
アートハウス

 雑音を「結果」で封じ込めた。

 18日、中京競馬場で行われた秋華賞トライアル・ローズS(G2)は、1番人気に支持されたアートハウス(牝3歳、栗東・中内田充正厩舎)が勝利。春の二冠馬スターズオンアースが待つ秋華賞(G1)へ、その存在を大きくアピールした。

 本番と同じ芝2000m、14頭立てのレース。ゲートを上手く出たアートハウスは、持ち前の加速力ですんなりと好位集団の一角へ。川田将雅騎手が「自然と取れたポジション」と振り返った4番手は、絶好の位置取りだった。

 だが、主戦騎手が「そこで我慢できるように」と話した通り、ここからが本馬の課題だ。2番人気に支持された春のオークス(G1)では、道中で走りのバランスが崩れて最後は失速し7着。「調教から難しい面を露呈していた」という川田騎手の不安がレースでも出てしまった。

 しかし、この日は「ある程度、改善できている」と理想的な道中。夏の成長を感じさせる走りで、最後は2着サリエラが上がり3ハロン最速となる33.7秒の末脚で追い込んできたが、「捕まることはない」と余裕があった。

「6年」にわたる悲願成就へ王手!

「今週末は台風が来ていることもあって天気が心配でしたが、良馬場で迎えられたことはアートハウス陣営にとっても幸いだったと思います。春の忘れな草賞(L)で見せた競馬も秀逸でしたが、この日はそれに近い走りができたのではないでしょうか。

本番の秋華賞は忘れな草賞と同じ阪神の芝2000mですし、持ち前の先行力がより活きる舞台。相手はさらに強くなりますが、春のリベンジを果たせるだけの舞台は整ったと思います」(競馬記者)

 川田騎手にとってアートハウスと挑んだオークスの敗戦は、ただの一敗ではなかった。何故なら、このレースを勝って二冠馬となったスターズオンアースを桜花賞(G1)勝利に導いたのが、川田騎手本人だったからだ。

 過去を遡っても、クラシック第1戦を制した馬が、異なるジョッキーで第2戦を迎えたケースはあまりない。例えば2012年に牝馬三冠を達成したジェンティルドンナのオークス制覇は川田騎手によるものだったが、主戦の岩田康誠騎手が騎乗停止中だったためだ。

 しかし、川田騎手は桜花賞と同日に行われた忘れな草賞を勝利したアートハウスを選択。決断は大小様々な波紋を呼んだが、結果的にスターズオンアースはC.ルメール騎手との新コンビで二冠馬に輝き、アートハウスと川田騎手はG1の厚い壁に跳ね返された。

JRA川田将雅「6年」にわたる悲願成就へ王手! 波紋を呼んだ乗り替わりから約4か月…“雑音”を完全シャットアウトのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合