NEW

C.ルメールVS川田将雅「ホンマ、ムカついたと思う」オークスの三角関係はさらに複雑に!? ローズS(G2)を勝ちにいった理由をあの大物騎手が解説

C.ルメールVS川田将雅「ホンマ、ムカついたと思う」オークスの三角関係はさらに複雑に!? ローズS(G2)を勝ちにいった理由をあの大物騎手が解説の画像1
アートハウス

「振った女に怒られちゃって、外国のいい男に手なずけられて勝たれちゃった」

 18日に中京競馬場で行われたローズS(G2)を前日に控えた土曜夕方、YouTubeで同レースの予想会の模様をライブ配信したのは元JRA騎手の田原成貴氏だ。

 先月の札幌記念(G2)、そして先週のセントウルS(G2)に続き『東京スポーツ』の公式YouTube「東スポレースチャンネル」ではレース2日前に展開予想を、前日には予想会を生配信。今週は秋華賞トライアルのローズSを取り上げ、田原氏が元騎手ならではの視点を交えて同レースに切り込んだ。

 冒頭の発言はローズS予想会の中で田原氏から飛び出したものである。アートハウスとサリエラの2強ムードで迎えた一戦で、田原氏はアートハウスに騎乗する川田将雅騎手とサリエラに騎乗するC.ルメール騎手の心中を推し量る場面があった。

 ご存じの通り、川田騎手はスターズオンアースとのコンビで桜花賞(G1)を勝利するも、二冠を懸けたオークス(G1)ではアートハウスを選択。ルメール騎手に乗り替わったスターズオンアースは牝馬二冠を達成した一方で、アートハウスは7着に敗れた。

 田原氏は「(このときの川田騎手は)振った女(スターズオンアース)に怒られちゃって、外国のいい男(ルメール騎手)に手なずけられて勝たれちゃった」と、三者の複雑な関係を男女の恋模様に例えている。そして、「ホンマ(自分自身に)むかついたと思うんですよ」と、自身が“振った”スターズオンアースに勝たれた時の川田騎手の気持ちを代弁した。

 さらに「春の雪辱を果たしたい(はず)」「川田君としては『(ローズSで)絶対恥ずかしい競馬はできない』と思っています」と、ローズSに意気込む川田騎手の気持ちを予測した。

 一方、秋華賞でスターズオンアースに騎乗することが決まっているルメール騎手については、「その点、ルメールさんは『勝ったらラッキー』『勝ってスターズオンアースのライバルになるのはちょっと嫌ね』くらいは思っているかもしれないけど……」と、その心中を推察。川田騎手に比べると、ルメール騎手は「かなり気楽な立場で乗れるはず」という見解を披露した。

三角関係はさらに複雑に!?

 レースは、アートハウスが好位から抜け出す横綱相撲でオークス7着からの巻き返しに成功。人気を分け合ったサリエラも2着に入り、秋華賞への優先出走権を手中に収めた。

 2強が取った戦法も田原氏の“予言”通りだったといえよう。いつも通りの先行策から早めに動いて勝ちにいったアートハウスはまさに「春の雪辱を果たす」ための競馬。一方、ルメール騎手とサリエラの「無欲の差し」は気楽な立場だからこそできたようにも映った。

 もしサリエラが秋華賞に出走してくれば、乗り替わりは確定的。三角関係だった春から、この秋はサリエラも加わり、さらに複雑な恋模様に発展するかもしれない。

中川大河

〈著者プロフィール〉

競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

C.ルメールVS川田将雅「ホンマ、ムカついたと思う」オークスの三角関係はさらに複雑に!? ローズS(G2)を勝ちにいった理由をあの大物騎手が解説のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合