NEW

地獄か天国か…前代未聞「全台設定1・6のみ」パチスロ専門店

【この記事のキーワード】, ,

地獄か天国か…前代未聞「全台設定1・6のみ」パチスロ専門店の画像1

「設定は1、もしくは6しか使っていません」と告知

 先日は10円貸し専門で特殊景品のないパチスロ専門店『お宝ハウスフルスロットル』について述べたが、今回もまた少し変わった低貸し専門店の思い出だ。

 その店の登場は確か2006年で4号機時代の終わりも近づいてきた頃だろうか。私の地元では初めての低貸しパチスロ専門店で、それなりに良い思いをした記憶がある。

 貸しメダル料金は全台10円。12割分岐での営業だったが、もうひとつの特徴が「設定は1、もしくは6しか使っていません」と告知をしていたこと。まだ過激なイベントに規制もかかっていなかったが、ここまでハッキリと謳う店も珍しかったような気もする。

 6の割合が低いのは間違いないのだろうが、実際に設定6の判りやすい機種にも投入されていたことを何度も見かけた。そのため、朝イチから出向き設定6と思わしき台を確保しては終日タコ粘りしたものだ。

 その標的としていたのが大都の4号機『秘宝伝』(2006年)。2005年には5号機も登場しており、4、5号機が混在している状況。爆裂AT機は大半が撤去されており、エクストラと呼べるほどの強烈な設定6を有するマシンは姿を消していた。

秘宝伝での「1か6かの判断基準」は実に単純であった

 それでも4号機撤去期限ギリギリまで検定の残っていた秘宝伝やロデオ『俺の空』、オリンピア『ニュー島唄』など、当初は大きく性能の劣った5号機と比べれば、十分なスペックを持つマシンがまだ残っていた時代である。

 その秘宝伝での1か6かの判断基準は実に単純。チャンス目出現率及び出現時の高確率突入率、BIGボーナス中のスイカとハズレの回数。この3点だけだ。チャンス目確率、突入率の1、6の設定差も大きかったし、ボーナス中のそれも格段に差があったからだ。

地獄か天国か…前代未聞「全台設定1・6のみ」パチスロ専門店のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合