NEW

パチスロ「初体験の王道パターン」でビギナーズ・ラック炸裂!!【ドラゴン広石『青春と思い出のパチスロと、しばしばパチンコ』2話:パチスロ0号機―後編:アメリカーナ】

パチスロ「初体験の王道パターン」でビギナーズ・ラック炸裂!!【ドラゴン広石『青春と思い出のパチスロと、しばしばパチンコ』2話:パチスロ0号機―後編:アメリカーナ】の画像1

第2話 パチスロ0号機【後編】アメリカーナ

 私が初めてパチスロ0号機に触れたのは、忘れもしない昭和57年の春。当時、私は親元を離れて一人暮らしを始めたばかりの大学生でした。場所は広島県広島市、安佐南区の下祇園という小さな町にある「ニューマンモス」というホールで事件は起きたんです。

 その日、私はパチンコを打つために千円札を崩そうとしていました。もちろん、打つのは専ら安い投資で遊べる羽根モノ(平和のゼロタイガーや三共のキングスター等)。この当時すでに超特電機(いわゆるセブン機)と呼ばれる三共のフィーバーや平和のブラボー等も登場していたけれど、大学に入ったばかりの貧乏学生が、そんなカネのかかる贅沢な遊技なんてできるはずがありません。

 そしてゼロタイガーを確保して、さぁ打とうと意気込んだのはいいけれど、小銭入れを見ると百円玉が1枚もありません。それで、席を立って両替機を探したんですが、普段とは違う場所にある両替機に千円札を挿入したのが運の尽き。次の瞬間、ザラザラザラ~っというけたたましい音を立てて、50枚のメダルが受け口に溢れました。

「嗚呼っ! やっちゃった」

 そう、私が両替機と思い込んで千円札を挿入したのは、パチスロ用のメダル貸し機だったんですね。

 当時は同じ経験をした人がとても多かった。パチスロ必勝ガイドのライターでは、アニ氏(アニマルかつみ)やタケちゃん(中武一日二膳)も、自分と同じパターンだったと聞きます。いわゆる、パチスロ初体験の王道パターンと呼ばれるやつですな。

 ともあれ、こうなったらもう仕方がない。覚悟を決めてアメリカンパチンコ(…と入口のポスターには書かれていました)のシマに足を踏み入れたところ、そのにあったのはユニバーサル販売の0号機『アメリカーナ』で、最後の3枚で大当りを引き当てるというビギナーズ・ラックに遭遇したんですよ。

『アメリカーナ』

パチスロ「初体験の王道パターン」でビギナーズ・ラック炸裂!!【ドラゴン広石『青春と思い出のパチスロと、しばしばパチンコ』2話:パチスロ0号機―後編:アメリカーナ】の画像2
ユニバーサルエンターテインメント本社の受付に展示されている『アメリカーナ』。アースタッチ式のストップボタンが異彩を放つ。(撮影・ドラゴン広石)

  ちなみに…この当時、東京都ではパチンコとパチスロの併設が認められていませんでした。ゆえに、パチスロを打ちたいなら数少ない専門店に行くしかなかったのですが、後になってアニ氏から聞いた話によると、当時は都道府県ごとの条例で管理されていたそうな。つまり広島県は「併設可」の県だったってことですね。

 余談ですけど、東京都で併設が認められたのは昭和60年の新風営法の施行時。なんとも長い間、東京のスロッターは残念な思いをしていたものです。だって、当時のスロ専って独特の雰囲気があったから(大抵は狭くて薄暗くて客層が怖い)、初心者が一人で入るには間口が狭かったように思います。

パチスロ「初体験の王道パターン」でビギナーズ・ラック炸裂!!【ドラゴン広石『青春と思い出のパチスロと、しばしばパチンコ』2話:パチスロ0号機―後編:アメリカーナ】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合