NEW

ナリタブライアン、サクラローレルらと渡り合った馬が「不治の病」から奇跡のカムバック!JRAオールカマー史に残る「涙の復活劇」

【この記事のキーワード】, ,
ナリタブライアン、サクラローレルらと渡り合った馬が「不治の病」から奇跡のカムバック!JRAオールカマー史に残る「涙の復活劇」の画像1
サークルオブライフ

 いよいよ秋のG1戦線が近づいてきた先週、悲しいニュースが飛び込んできた。

 昨年の阪神JF(G1)の勝ち馬で、10日の紫苑S(G3)で4着だったサークルオブライフ(牝3、美浦・国枝栄厩舎)が屈腱炎により長期休養、予定していた秋華賞(G1)を回避する事が陣営から発表された。完治まで9ヶ月以上要すると見込まれており、復帰できるとしても来年の夏以降になりそうだ。

オールカマーの歴史に残る、不治の病から奇跡のカムバック

 25日、中山競馬場でオールカマー(G2)が行われるが、67回の歴史を数えるこのレースで屈腱炎による長期休養から奇跡の復活を果たした馬がいる。1999年に同レースで優勝したホッカイルソーだ。

 ホッカイルソーといえばフジキセキ(朝日杯3歳S・G1)やタヤスツヨシ(日本ダービー・G1)などと同期。クラシック三冠全てに出走し、皐月賞(G1・4着)や日本ダービー(4着)、菊花賞(G1・3着)と安定した成績を残した。古馬になり、1996年の日経賞(G2)で初めて重賞を制すると、次走の天皇賞・春(G1)ではサクラローレル、ナリタブライアンに次ぐ3着と大健闘、いよいよ本格化かというところまできていた。

 しかし「競走馬のガン」と呼ばれる屈腱炎で約3年を棒に振ることになる。

 屈腱炎といえば当時の医療技術では今以上に完治が難しく、ナリタブライアンやダンスインザダーク、マヤノトップガンなど錚々たる名馬たちが引退に追い込まれた「不治の病」。ホッカイルソーも引退の可能性が囁かれたが、陣営の懸命の努力もあり1999年の中山記念(G2)で実に3年ぶりの復帰を飾った。

「さすがにもうキツいか…」

 復帰後オールカマーまでの6戦で【0.2.0.4】と不安定な成績を残し、ファンからは諦めの声も上がっていた。

 そして迎えた1999年のオールカマー。前年同レース優勝のダイワテキサスが単勝1番人気、同2着のダイワオーシュウが2番人気に推され、ホッカイルソーはそれに次ぐ3番人気だった。

 レースはサイレントハンター、グランスクセーの2頭がハイペースで大逃げを打つ中、ホッカイルソーは後方待機。4コーナーから直線で早めに抜け出したダイワ2頭を強襲、最後はダイワオーシュウをハナ差で差し切った。勝ちタイムは芝2200mのコースレコード(当時)となる2分12秒0。復活勝利としてこれ以上の内容があるだろうか。

「屈腱炎から復帰するだけでも難しいのに、重賞を上がり最速でレコード制覇、しかも8歳(現在の表記では7歳)という高齢での勝利です。

G2なのにG1のような、観客席からの“ルソーコール”は鳥肌ものでした。当時の実況もアナウンサーが興奮したほどでしたからね。オールカマーでは様々な名勝負が繰り広げられてきましたが、その中でも指折りのレースのひとつです」(競馬記者)

「厩舎を開業して初めてクラシック(1995年皐月賞4着)に出走し、重賞初勝利(1996年日経賞)もこの馬だった」

 ホッカイルソーを管理していた田中清隆元調教師は、今年2月に定年・引退を迎える際『サンケイスポーツ』の取材で思い出の一頭を尋ねられた際、前述のようにホッカイルソーの名を挙げた。G1を勝利したシンコウウインディやグルメフロンティア、レディパステル、ホエールキャプチャを選ばなかったことからも、田中清元調教師のホッカイルソーに対する思い入れの強さが窺える。

 今年のオールカマーはソーヴァリアント、クリスタルブラック、バビットの3頭が長期休養明けでの出走を予定している。ホッカイルソーのような感動の復活劇を見られるだろうか。

パワー丸八

〈著者プロフィール〉

子供と毎日悪戦苦闘の主夫ライター。中学1年生の時、テレビで偶然見た金鯱賞でサイレンススズカの大逃げに衝撃を受け、競馬の面白さに目覚める。地元は某地方競馬場がある街。はじめてハマった競馬ゲームは「ウイニングポスト3」

ナリタブライアン、サクラローレルらと渡り合った馬が「不治の病」から奇跡のカムバック!JRAオールカマー史に残る「涙の復活劇」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合