NEW

超有名「攻略雑誌がパチンコ実機」に!大御所ライターが主人公の傑作!!

【この記事のキーワード】, ,

超有名「攻略雑誌がパチンコ実機」に!大御所ライターが主人公の傑作!!の画像1

 パチンコ攻略雑誌と聞いて、私は『パチンコ必勝ガイド』(ガイドワークス)の名前を真っ先に挙げます。

 パチンコを打ち始めてウン十年となりますが、いつの時代になっても新機種などを打つ時には教科書代わりに必要不可欠なアイテムです。スマホで何でも情報を得られる現在とは違いパソコンの普及もまだだった時代において、パチンコの様々な知識は紙媒体がメジャーでした。

 現在の同雑誌はDVDが付録の関係上、価格は当時の倍以上になっています。私が主に連チャン現金機を打っていたり、CR機が登場し始めの頃の同雑誌の価格は390円くらいが大体の相場でした。増刊号的な雑誌はもう少し価格は上でしたが、毎月2回ほどコンビニで買うのを楽しみにしていたのです。

そんな『パチンコ必勝ガイド』がパチンコ台に!

 そんな『パチンコ必勝ガイド』が、2001年にパチンコ機になるとは思ってもいませんでした。しかもそれを手掛けた遊技機メーカーは、現在では『牙狼シリーズ』などをヒットさせた「サンセイR&D」だったのです。

 私の記憶ですが、同雑誌内にパチンコで使用されるリーチ、予告、絵柄デザインなどのアイデアを大々的に募集していたことを覚えています。その1年もしくは2年後にそれらの構想が固まって、ようやく『CRパチンコ必勝ガイド』とカタチになりました。

 同機は、当時主流だったミドルスペックでした。大当り確率315.5分の1、確変の1回ループスペックで、突入と継続率は50パーセントです。パチンコ機自体を考えますと、実はいたって普通のミドルパチンコでした。

 果たして『パチンコ必勝ガイド』という雑誌を題材にしたパチンコ機は、どんなゲーム性になるのかと考えていました。

主人公は大崎一万発さん!

 やっぱりパチンコ一色のモノだろうと思いきや、同機のサブタイトルは「古代P文明の秘密」だったのです。当時編集部で現在大御所ライターの大崎一万発さんが主人公の「オーサキ」となり、萌えキャラの「ククルちゃん」と一緒に古代文明を舞台に進む展開でした。

超有名「攻略雑誌がパチンコ実機」に!大御所ライターが主人公の傑作!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合