NEW

横山武史「今日は相手が悪過ぎた」シルバーステート産駒の大物に完全白旗、「ダノンベルーガにしか負けていない」逸材が菊花賞候補に名乗り

横山武史「今日は相手が悪過ぎた」シルバーステート産駒の大物に完全白旗、「ダノンベルーガにしか負けていない」逸材が菊花賞候補に名乗りの画像1
C.ルメール騎手

 19日、中山10RでシンボリクリスエスC(2勝クラス・芝2000m)が行われた。1着、2着はただ2頭だけ出走していた3歳馬。3着以下を7馬身も置き去りにしたマッチレースを、2着馬に1/2馬身差で制したのはバトルボーン(牡3歳、美浦・林徹厩舎)だ。

「先頭に立ってから物見をするところがありましたが、2着の馬が併せてきたらまた反応しました。良い馬です」

 この勝利には、手綱を取ったC.ルメール騎手もパートナーの素質を称賛。着差以上に手応えが良かったということか。

横山武史騎手「今日は相手が悪過ぎた」

 むしろ採り上げたいのは2着馬サンストックトン(牡3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)に騎乗した横山武史騎手の「レースの内容としては悪くありません。今日は相手が悪過ぎました。それに尽きます」というコメントだ。

「あの馬には乗ったことがあり、強いことは知っていました」と語っていたように、バトルボーンは過去に1度コンビを組んだ相手。その強さを自身も理解していただけに、勝てる気がしなかったのではないか。

 それもそのはず。バトルボーンはこれまでの4戦で、今年のダービー1番人気馬・ダノンベルーガ(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)以外に先着を許していないほど、スケールの大きな馬なのだ。

 両馬が対決したのは昨年11月の2歳新馬戦。逃げたバトルボーンをダノンベルーガがラスト200mで捕まえると、そのまま2馬身差をつけて完勝した。勝ち馬には完敗したバトルボーンだが、3着とは5馬身もの差がついていた。ダノンベルーガが次走の共同通信杯(G3)を快勝し、春のクラシックでも上位人気に支持された馬だったことを思えば、まさに相手が悪かったというところだろう。

 ダノンベルーガがデビューから無敗の2連勝で共同通信杯を制したおよそ1ヶ月後、バトルボーンは未勝利戦に臨む。後に3頭が勝ち上がるなど、決して弱い相手ではなかったが、後続を4馬身突き放して楽々と勝利した。

 このパフォーマンスについて、ノーザンファームの吉田勝己代表はJRA-VANの公式インタビューで「シルバーステート産駒のバトルボーンなんて、相当上まで行きそうですよ。重賞も勝てそうな内容でした」と絶賛している。

 そして、“重賞級”の走りを見せたこのレースで騎乗していたのが他ならぬ横山武騎手だったのだ。

横山武史「今日は相手が悪過ぎた」シルバーステート産駒の大物に完全白旗、「ダノンベルーガにしか負けていない」逸材が菊花賞候補に名乗りのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合