NEW

【パチスロ攻略】設定1で「一撃7445枚」の猛爆が話題! アノ爆裂シリーズ最新作の注目ポイント

【この記事のキーワード】,
【パチスロ攻略】設定1で「一撃7445枚」の猛爆が話題! アノ爆裂シリーズ最新作の注目ポイントの画像1
公式HPより

 おそらくレバーONでの「キュイン」よりも一瞬早く光るであろう、左リール下にあるフグランプ。そのフグランプを今すぐにでも拝みたいと考えているファンも多いことであろう。

 9月20日より一部地域で、10月3日より全国で導入を開始するオリンピアエステートの『S BIG島唄』は、シーサービッグとビッグ、2種類の疑似ビッグで出玉を増やす仕様。通常時は毎ゲーム、成立役に応じてビッグ及びストック抽選が行われ、ボーナス当選時はレバーONでお馴染みのパトランプが点灯する。

 通常時の消化手順は、まず左リールにBAR絵柄を目安にチェリーを狙い、上段までスイカを引き込んだら残りリールにもスイカをフォローすればOK。チェリー成立時に「さざ波フラッシュ」が発生した場合は約25%でボーナスへと繋がり、リールが紫に染まった場合は前兆が濃厚となるようだ。

【パチスロ攻略】設定1で「一撃7445枚」の猛爆が話題! アノ爆裂シリーズ最新作の注目ポイントの画像2

 また、カドチェリー+右リール「白7・赤7・BAR」のチャンスチェリーは大チャンスで、およそ2回に1回の割合でボーナス当選。仮にボーナス非当選であっても、ストックに大きな期待が持てる。

 一方、スイカは成立回数に秘密があり、3回目&5回目はボーナスチャンス。10回成立でシーサービッグが濃厚で、次回の大当りもシーサービッグとなるようだ。

大量出玉は必至の連チャンモードも搭載!

 AT100Gのシーサービッグは約300枚、AT67Gのビッグは約200枚の獲得が見込め、ビッグ消化中は成立役に応じてビッグ1G連抽選が行われる。リプレイやチャンス役の次ゲームで「7を狙え演出」が発生→7絵柄が揃えば1G連確定で、ラスト3Gでの「BIGランプ」点灯も、同様に1G連が約束される。

 連チャンのメインは複数のモードによる32G以内の早期当選で、天国モードは70%、ドンドンモードは80%、超ドンドンモードは91%でループ。リール右上の「DonDonランプ」が光ればドンドンモード以上のサインとなるので、大連チャンによる大量出玉は必至と言えるだろう。

 他の特殊モードとしては「SPストックモード」や「シーサービッグモード」などがあり、800~809G間のみ滞在する前者は文字通り、ビッグストックの高確率状態。一方の後者は連チャンモードと別モノで、滞在中は全てのビッグがシーサービッグとなるようだ。

 ちなみに、ボーナス終了時の上部パネルフラッシュは次回高モードの期待度が若干アップする模様。上部パネルのみならず、下パネルもフラッシュした場合は次回高モードの可能性が高まると思われる。

 天井は800Gor810Gで、引き戻しモードやチャンスモード滞在時は天井ゲーム数が浅くなる仕組み。100G台後半で放置されている台は、200Gあたりまで様子を見るのもありだ。

 なお、確率9113分の1(設定1)のフリーズは、その時点でシーサービッグ&1G連&超ドンドンモードが濃厚。「パチスロ必勝ガイドMAX」(ガイドワークス)の9月号に掲載された本機の実戦データ(設定1)では、連チャン中に数度フリーズを射止めて、一撃でビッグ36連、7,445枚もの出玉を獲得しているだけに、有利区間リセット後はフリーズが発生しやすい可能性も考えられる。こういった攻略要素については、引き続き調査していく所存だ。 

(文=編集部.)

【パチスロ攻略】設定1で「一撃7445枚」の猛爆が話題! アノ爆裂シリーズ最新作の注目ポイントのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合