NEW

パチンコ「連チャン規制」の壁を突破した傑作! 一躍ヒット作へと登り詰めた初代マシン!!

パチンコ「連チャン規制」の壁を突破した傑作! 一躍ヒット作へと登り詰めた初代マシン!!の画像1
「連チャン規制」の壁を突破した傑作!

今や押しも押されぬ人気シリーズ

 絶唱。感情を込め夢中になって歌うことのほかに、非常に優れた詞や歌という意味もある。パチンコ『戦姫絶唱シンフォギア』は、まさに「夢中に歌う」「優れた」マシンとなったのである。

CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア』は業界を、時代を席巻した。導入当初はそれほど注目されていなかったが、その魅力や面白さが徐々に波及し、増台を重ねながら販売台数が4万台を突破したという。

 中古台の相場が一時期100万に迫るほど高騰したり、SANKYOの経常利益・純利益が前期比で3倍に跳ね上がるなど驚くべき経済効果も発揮したのである。

 スペックは大当り確率が1/199.8のライトミドルで、1種2種混合タイプ。初当り後のほとんどで移行する時短1回+残保留4個の抽選を突破すると、継続率約80%のRUSHに突入するゲーム性となる。

上手い具合に「確変65%規制」の壁を突破

 この高いRUSHループ率がヒットの要因のひとつで、本機が登場した時期は連チャンの上限に制限を加える「確変65%規制」が存在していた。連チャンモードでは継続率を65%以上にあげることができないのである。

 しかし、本機のRUSHは7回転と残保留の4回転という2つのパートに分かれており、時短7回転での継続率は約64%と規制以内。ただ、右打ち中に貯められた残保留の抽選もRUSHと同じく1/7.4という高い確率で行われているが、これはあくまで時短の範囲外。電サポは作動していないのだ。

 この残保留4個分の継続率が約44%で先の時短7回転とあわせて約80%。ほかの機種が65%のなかで突出した連チャン性能をファンに提示できたのである。

パチンコ「連チャン規制」の壁を突破した傑作! 一躍ヒット作へと登り詰めた初代マシン!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合