NEW

「崖っぷち」の人馬が単勝万馬券の大波乱演出、「最後の未勝利戦」を負けても諦めなかった陣営の勇気ある決断

【この記事のキーワード】, ,

「崖っぷち」の人馬が単勝万馬券の大波乱演出、「最後の未勝利戦」を負けても諦めなかった陣営の勇気ある決断の画像1

 19日の中京競馬は台風14号が接近した影響で、暴風雨に見舞われる過酷な状況の中でレースが行われた。特に10Rから11Rが行われる時間帯は雨脚が強まり、視界不良によりメインレースの発走時刻が遅れる程であった。

 それでも無事に11Rが実施された後は雨脚も落ち着き、まるで過酷な1日を戦い抜いた人馬を労うかのように空には綺麗な虹が架かっていた。この急激な天候の回復には、ファンや関係者も胸をなでおろしたに違いない。だがこの後の最終12Rでは、大型台風に比肩する程の「大嵐」が巻き起こることになる。

 この12Rの“台風の目”となったのがシャウビンダー(牝3歳、栗東・須貝尚介厩舎)だ。当馬はデビュー以来7度出走しているが、ここまで勝利は一度も挙げられず。現3歳世代の未勝利戦は既に終了しているため、こうした境遇の馬は地方競馬へと活躍の舞台を移すのが一般的だ。

「崖っぷち」の人馬が単勝万馬券の大波乱演出

 だがシャウビンダーは中央での初勝利を諦めず、今回は未勝利馬の立場ながらに果敢にも1勝クラスに格上挑戦を敢行。レースでは最後の直線で後方から脚を伸ばし、ゴール前に差し馬が殺到する大激戦の末にハナ差で抜け出す大金星をあげたのである。

 格下の存在としてレースに臨んでいたシャウビンダーの下馬評は当然ながら低く、単勝オッズは15頭立ての最低人気で102.5倍と、ほとんど期待されていない存在であった。こうした戦前の評価を覆す見事な激走により、最終レースは当日の荒天さながらの“大荒れ”の決着となった。

「崖っぷち」の人馬が単勝万馬券の大波乱演出、「最後の未勝利戦」を負けても諦めなかった陣営の勇気ある決断の画像2
酒井学騎手

 この大波乱の立役者として、シャウビンダーを勝利に導いたのが酒井学騎手である。酒井騎手と言えばファンの間でも度々「穴男」と称されるなど、人気薄の馬での好走が印象深い。

 近年の重賞レースでも20年の中京記念(G3)で18番人気・メイケイダイハードを、19年の京都新聞杯(G2)で11番人気・レッドジェニアルを、それぞれ勝利に導いた。重賞で2桁人気の大穴馬に騎乗して馬券内に食い込んだ回数は15度にのぼり、大舞台でも「穴男」ぶりを如何なく発揮している。

 こうした成績から多くの穴党ファンに愛されてきた酒井騎手であるが、キャリア25年目を迎えた今年は成績が低迷。10年以降はコンスタントに年間20勝前後を挙げていたが、今年は9月2週目を終えた時点で未だに5勝に留まっていた。

 最後に勝利を挙げたのは6月5日にまで遡り、その後は46連敗の大不振。6月19日には騎乗馬の装鞍中に足を踏まれて骨折をするアクシデントに見舞われ、2か月の療養を強いられるなど苦境に立たされていた。

 だがこの逆境を撥ね退けるように、先週末の酒井騎手は輝きを放っていた。土曜の中京6Rでは怪我からの復帰後は初となる、約3か月ぶりの勝利を挙げることに成功。そして先述の月曜の12Rでは自身の真骨頂ともいえる穴馬、それもシンガリ人気の馬を勝利に導き「穴男」の復活を印象付けた。

 高配当に目が無い穴党のファンにとっては、苦難が続いていた酒井騎手に復調の兆しが見えたことは嬉しい限りである。カムバックを果たした嵐を呼ぶ「穴男」酒井騎手の今秋の活躍にも大いに期待したい。

エビせんべい佐藤

〈著者プロフィール〉

98年生まれの現役大学院生。競馬好きの父の影響を受け、幼いころから某有名血統予想家の本を読んで育った。幸か不幸か、進学先の近くに競馬場があり、勉強そっちのけで競馬に没頭。当然のごとく留年した。現在は心を入れ替え、勉強も競馬も全力投球。いつの日か馬を買うのが夢。

「崖っぷち」の人馬が単勝万馬券の大波乱演出、「最後の未勝利戦」を負けても諦めなかった陣営の勇気ある決断のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. かつての「JRA新人王」に無念の降板劇…今年の桜花賞、オークスを13番人気で5、4着に好走「これ以上、どうしろと」の声
  3. JRA福永祐一「G1勝てる」安藤勝己「走ってくる」新馬戦で2冠女王スターズオンアースに快勝した大器が再始動V!
  4. 武豊「韋駄天弟」を完璧エスコート! ハーツクライ産駒史上「初」の白星達成
  5. C.ルメールの「大本命」撃破に名牝誕生の予感!? 落馬負傷で女傑クロノジェネシスと惜別から約1年4か月「元主戦」に舞い込んだ希望の光
  6. 武豊からリーディング奪った剛腕騎手が「132連敗」の大苦戦、過去にはエージェントとの確執も噂に…ダービージョッキーに限界説も
  7. JRA M.デムーロ「襲来」を乗り越えてエースの座。関係者も噂する「勝ち切れなかった男」が怒涛の3連勝でキャリアハイ驀進中
  8. あの「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 競馬界随一の「理論派ジョッキー」がいよいよ第二の人生へ…早くも「成功確実」という声も
  9. 【スプリンターズS(G1)展望】大本命メイケイエールに浮上した「不安材料」…53kgナムラクレアとG1ホース2頭にもチャンスあり!?
  10. デアリングタクト「生みの親」も絶句……「松山君は後ろすぎた」オールカマー(G2)完敗で気になる次走は