NEW

“ホープレス”の危機再び…?神戸新聞杯(G2)に参戦の3頭は意地を見せられるか

ホープレスの危機再び…?神戸新聞杯(G2)に参戦の3頭は意地を見せられるかの画像1

 19日、中山競馬場では菊花賞(G1)のトライアルレースであるセントライト記念(G2)が行われ、3番人気のガイアフォースが重賞初制覇を成し遂げた。

 昨年9月の新馬戦では、後にダービー馬となるドウデュースの2着。その後は長期休養を強いられたものの、3月に阪神で未勝利勝ちを果たすと、5月に1勝クラスの2着を挟み、7月の小倉で国東特別(1勝クラス)を圧勝。2着につけた7馬身差もさることながら、小倉の芝2000mで1分56秒8のコースレコードを叩き出したことも話題になった。

 待ちに待った初の重賞の舞台。先団を見ながら好位置で運ぶと、直線では日本ダービー(G1)で3着に入ったアスクビクターモアとの一騎打ちに。

 馬体を併せての約200mの叩き合いの末、最後はライバルよりも0秒3速い上がり3ハロン34秒7の脚で突き抜け、アタマ差先頭でゴール。父キタサンブラックとの父仔制覇というオマケ付きで、最後の一冠争いに名乗りを上げた。

 今週は中京競馬場で菊花賞馬を多数輩出している最重要トライアル・神戸新聞杯(G2)が行われるが、やはり今回も春のクラシック路線を順調に歩んできた実績馬と、夏の間に頭角を現した上がり馬の激突が大きなポイントになる。

 特に実績組はダービーを最後に休みに入るというパターンが多く、その場合は今回が4カ月休養明けの始動戦となる。元々の実力に加え、夏の間にどれだけの成長を見せているかが馬券戦略においての大きなカギを握っている。

“ホープレス”の危機再び…?

 そんな中、実績馬を精査していくにあたり、気になるのがホープフルS(G1)に出走していた組の不振である。

 暮れの中山・芝2000mで開催される大一番。かつては出世馬が少なく、“ホープレスS”などと揶揄されることもあったが、ここ数年でそんな印象も一変。2018年の勝ち馬・サートゥルナーリアは翌年の皐月賞(G1)を制し、2019年の勝ち馬・コントレイルは3連勝で初G1タイトルを掴んだ後、翌年も負けなしのまま無敗の三冠馬となった。

 2020年の勝ち馬であるダノンザキッドは、ホープフルSを最後に勝利から遠ざかっているものの、当時4着のタイトルホルダーと2着のオーソクレースが翌年の菊花賞でワンツー。大舞台で存在感を発揮している。

ホープレスの危機再び…?神戸新聞杯(G2)に参戦の3頭は意地を見せられるかの画像2
キラーアビリティ

 一方で、昨年のホープフルS組はと言うと、勝ち馬のキラーアビリティが皐月賞で13着に敗れ、ダービーでも6着と結果を残すことができず。今のところ再始動の情報も聞こえてこない。

“ホープレス”の危機再び…?神戸新聞杯(G2)に参戦の3頭は意地を見せられるかのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合