NEW

ダービー馬ワグネリアン輩出の出世レースに「クラシック候補」の真打ち登場!「伝説の新馬戦」覇者に疑いの余地なし、ファンからは早くも「確勝級」の声

【この記事のキーワード】, ,
ダービー馬ワグネリアン輩出の出世レースに「クラシック候補」の真打ち登場!「伝説の新馬戦」覇者に疑いの余地なし、ファンからは早くも「確勝級」の声の画像1
C.ルメール騎手

 24日に中京競馬場で行われる野路菊S(2歳OP)は、競馬ファンの間ではちょっとした出世レースとして有名だ。

 過去には、このレースを勝利したメイショウサムソンやワグネリアンなどが日本ダービー(G1)を制覇。オープン競走ではあるものの、古くからクラシックにも繋がる重要なレースである。

 そんな出世レースで堂々の主役となりそうなのが、カルロヴェローチェ(牡2、栗東・須貝尚介厩舎)だ。21日現在、大手競馬サイト『netkeiba.com』の予想オッズでは、単勝オッズ1.4倍想定の断然人気となっている。

 近年、多くの活躍馬を輩出している宝塚記念(G1)デーの新馬戦を快勝したカルロヴェローチェ。直線も軽く追われただけで後続を突き放し、手綱を取ったC.ルメール騎手が「良い能力で加速してくれました」と太鼓判を押した逸材だ。

「伝説の新馬戦」覇者に疑いの余地なし

 またカルロヴェローチェの評価は、それから日を追う毎に上昇している。というのも、新馬戦で破った2~5着までの馬がそれ以降、軒並み勝ち上がっているからである。

 2着に破ったチャンスザローゼスは、先日の未勝利戦で2着に3馬身半差をつけて圧勝。また3着のゴッドファーザーも、2戦目の未勝利戦で2着に10馬身差の大楽勝を決めている。

 さらに、4着のアンテロースや5着のドゥラエレーデさえもその後すぐに勝ち上がっていることから、上述した5頭が相見えた一戦に対しファンからは「伝説の新馬戦」との声も上がっているほどだ。

 そんなハイレベルな一戦を完勝したカルロヴェローチェに、ファンの期待が大きくなるのは当然だろう。

 2戦目に予定していた札幌2歳S(G3)をソエで回避したものの、幸い症状は軽く今回は仕切り直しの一戦。とはいえG1級と噂される馬にとっては、レースの格を下げたここで負けるわけにもいかまい。

 そうなると、やはり気になるのは相手関係か。

ダービー馬ワグネリアン輩出の出世レースに「クラシック候補」の真打ち登場!「伝説の新馬戦」覇者に疑いの余地なし、ファンからは早くも「確勝級」の声のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合