NEW

JRA川田将雅「嫌われ役」からイメージ激変、近寄りがたい「委員長」が愛されキャラに変身の裏事情

【この記事のキーワード】, ,
JRA川田将雅「嫌われ役」からイメージ激変、近寄りがたい「委員長」が愛されキャラに変身の裏事情の画像1
川田将雅騎手 撮影:Ruriko.I

 今年の騎手リーディングトップを独走する川田将雅騎手が絶好調だ。

 19日の中京9Rをレッドバリエンテで制し、史上12人目、現役騎手で6人目となるJRA通算1800勝を達成した。春はスターズオンアースで桜花賞(G1)とダノンスコーピオンでNHKマイルC(G1)を勝利。来月2日に開催される凱旋門賞(仏G1)では、ディープボンドとのコンビで参戦を予定している。

「できることなら昨日の重賞の際に1800勝を決められるとよかったんですけど、酒井学さんより月曜にしてくれと言われましたので、月曜までちょっと待ちました」

 これまでのどこか近寄りがたいイメージを覆す軽妙なトークを披露したのも、充実している状況に精神的な余裕が生まれたからかもしれない。

「本当にただただありがたく、そしてよく馬たちが頑張ってくれたおかげで、ほんとにそれが何よりありがたく思います」

 騎乗依頼をもらった関係者やコンビを組んだ馬たちへの感謝の気持ちを忘れず、「ありがたい」と繰り返したあたりも、日本を代表するトップジョッキーとなった自覚が垣間見えるものだった。

 表彰式に大勢の騎手仲間が駆けつけて祝福していたことも、これまでの印象を大きく変えた。

「嫌われ役」からイメージ激変

 川田騎手といえば、こういったメモリアルの場で閑散としていることも多く、ネットの掲示板やSNSなどでは、一部のファンから「嫌われ者だから」「人望がない」と誤解されることも珍しくなかった。

「マスク警察」「委員長キャラ」と揶揄する声も一部で出ていたが、コロナ禍の開催ということもあって、「不要不急」の集まりを避けたいという意識もあったのだろう。

 その一方で現場の記者からは、周りの騎手たちの川田騎手を見る目も少しずつ変化がでてきているという話も聞こえてきた。

「以前は節目の勝利時でも、後輩や若手騎手を寄せ付けない感じで物々しい雰囲気でしたが、今回は尊敬する先輩の福永祐一騎手をはじめ、今村聖奈騎手や角田大河騎手など、今年デビューした新人の姿もありました。2場開催で多くの騎手がいたとはいえ、本当にお祝いモードでしたね。今までにない光景で微笑ましかったです。

これまでは後輩騎手を怒鳴ったり、当たり散らしているという印象が独り歩きしていましたが、周りの受け取り方も変わってきたようですよ。

何しろ近年の活躍や実績は素晴らしく、競馬に対する考え方や姿勢が後輩に浸透してきた事が大きいと思います。最近は若手や後輩の変化や悩みなどに気づいてアドバイスや忠告をする事が増えていますし、説明なども理路整然としていて丁寧です。故に若手も尊敬するようになりますよね」(競馬記者)

JRA川田将雅「嫌われ役」からイメージ激変、近寄りがたい「委員長」が愛されキャラに変身の裏事情のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合