NEW

パチンコであり得る「ヘソ入賞し放題」の超フィーバー状態…打ち続けると実は危険!?

【この記事のキーワード】,

パチンコであり得る「ヘソ入賞し放題」の超フィーバー状態…打ち続けると実は危険!?の画像1

パチンコで損をしてしまう行動

 皆さんは、パチンコを打っていて致命的な「やらかし」をしてしまった経験はあるでしょうか?

 私は過去に何度かあります。初めてやらかした機種は忘れもしない『CR牙狼魔戒閃騎鋼XX』。ST中にジュースを買いに行こうと打ち出しを止めた際、あろうことか残っていたヘソ保留で大当りしてしまったのでした。

 本機は電サポ大当りなら「ALL2000発×100%ST突入」となりますが、ヘソの場合は「時短100回」の通常大当りの割合が49%。運の悪いことに私はソレを引いてしまい、痛恨の「ST→時短落ち」をくらってしまったのです。

 この時ばかりは「ジュースなんて我慢すればよかった」と心から後悔しましたね。もちろん時短中に引き戻すことはなく…無情にも通常時へと戻されてしまったのでした。

 また、この手の失敗は最近『P頭文字D』でやりました。遊技中に急に腹が痛くなり、「これはいかん」とデジタル変動中(保留あり)にもかかわらずトイレへ。数分後に戻ってみると、遊技台が通常時から時短中に変わっていたのです。

 訳が分からず混乱しましたが、どうやら残っていた保留で大当りしていた模様。1回分の出玉を丸々取り逃すという失態をやらかしてしまったのでした。「腹さえ壊さなければ…」と唇を噛みしめたのを覚えています。

 このように、場合によっては損をしてしまう可能性があるパチンコ。その逆パターンとなる「打ち手に有利」な状況が発生することもあります。

 代表的な例の一つが、盤面の玉詰まり。ヘソの周りにビッシリと玉が詰まっていき、スタート入賞し放題の状況となる…そんなフィーバータイムとも言える状況を目にした方もいるのではないでしょうか。

 私の場合はすぐに店員さんを呼んで対応してもらいますが、正直「低リスクで大当りを狙えるのでは…」と思っちゃったりもします。実際にはやりませんが、「この状態で打ち続けたらどうなるのか」と気になっているのは自分だけではないでしょうが…。

 そんな方々にオススメしたい動画があります。ヘソに玉が入り放題の状況を意図的に作り出し、そのまま打ち続ける勇者が現れたのです。

「ヘソ入賞し放題」超フィーバー状態…打ち続けると実は危険!?

パチンコであり得る「ヘソ入賞し放題」の超フィーバー状態…打ち続けると実は危険!?の画像2
『【危険】これを打ち続けたらこうなる。。。』

 人気YouTubeチャンネル『マリオンTV』が公開した本動画。出演者の大内レイ氏が、実機を使って玉詰まり状態で打ち続けるという興味深い検証を行っています。

 盤面には玉がビッシリと詰まり、打った玉のほとんどがヘソに導かれるという激アツの状況が完成。楽々と大当りを射止めていました。

 しかし、大内レイ氏は「このままじゃ大当りの消化はできない」と説明。その理由は動画内で細かく解説しています。玉詰まりのメカニズムや危険性が良く分かる内容となっているので、興味のある方は視聴してみてはいかがでしょうか。

HIRA.777

〈著者プロフィール〉

飲食店やホテルマン、営業など幅広い職種にチャレンジ。どれも長続きせずにいたが、趣味であったパチンコ関連業界へ就職し現在に至る。今では自身の体験談や、業界関係者から入手した情報などを元に記事を作成中。パチスロ4号機にハマっていたいわゆる「北斗世代」で、長きに亘り活躍するシリーズの動向に注目している。主に検定通過情報や、動画レビュー記事を担当。動画は大量出玉を実現した内容を好んで紹介している。

パチンコであり得る「ヘソ入賞し放題」の超フィーバー状態…打ち続けると実は危険!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合