NEW

JRA【神戸新聞杯(G2)予想】プラダリア「不安要素アリ」も押さえ。堅い決着と見るも意外な伏兵の好走に期待

JRA【神戸新聞杯(G2)予想】プラダリア「不安要素アリ」も押さえ。堅い決着と見るも意外な伏兵の好走に期待の画像1

 今回は菊花賞(G1)の最終切符をかけたトライアル・神戸新聞杯(G2)を予想していく。

 まずは、過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていくことにしよう。ちなみに昨年と一昨年は中京2200mと施行条件が変わっているが、データはまとめて見ることにする。
日本ダービー 17頭
ラジオNIKKEI賞 2頭
宝塚記念、若葉S、オープン特別、条件戦(1勝クラス) 各1頭
条件特別(3勝クラス)、条件特別(1勝クラス) 各1頭
条件特別(2勝クラス) 5頭
となっている。基本はダービーに出走して夏を越し、秋初戦として走る馬が優先だろう。過去10年でもダービー出走組が馬券にならなかったことは一度もないので、ダービー出走組の取捨が要になるはず。それ以外はほぼどんぐりの背比べで、前走条件戦の馬は勝ち負けもさることながら、レース内容や戦績に注目すべきだろう。

 続いて人気順の成績を見てみる。
1番人気 7-1-0-2
2番人気 2-2-2-4
3番人気 1-2-2-5
4~6番人気 0-2-2-26
7~9番人気 0-3-3-23
10番人気以下 0-0-1-50
となっている。1番人気の成績が断然。馬券圏内を外したのは昨年のダービー馬、シャフリヤールと2018年のエポカドーロの2頭。ただ、シャフリヤールの場合は不良馬場で開催されたこともあり、馬場に泣かされた可能性は極めて高い。軸は危険な人気馬でなければ1番人気から逆らわない方が良さそうだ。基本、上位人気が順当に馬券に絡む堅いレースだが、それでも上位人気だけで決着したのは過去10年で2度だけなので、中穴クラスの穴馬のチェックも怠らないようにしたい。


 これを踏まえて「◎」は穴っぽいところで13番ビーアストニッシドとする。

 前走は日本ダービー(G1)で3番手から競馬を進める積極策を採ったものの、直線で力尽きて10着に大敗している。

 そもそも2歳時から注目を浴びていた馬ではなかったが、未勝利を勝ち上がって次走の京都2歳S(G3)で2着したことで注目されるようになった。実際、その後も3歳初戦のシンザン記念(G3)こそ4着だったが、共同通信杯(G3)でダノンベルーガの3着、さらに道悪だったとは言えスプリングS(G2)を勝ったことで、ポテンシャルの高さは示した。

 皐月賞(G1)とダービーの大敗で「やっぱり……」という空気が流れたことで、今回もさほど人気しないと思われるが、今回のメンバーで同型馬が少ない「前で競馬したい」馬で、外枠からすんなり前に出て競馬できれば、直線で残る可能性はあると見て本命を打った。

 ただ、本命を打ってはいるが「馬券に絡む確率が高そう」という意味合いなので、勝ち負けまでは厳しいと考えている。

JRA【神戸新聞杯(G2)予想】プラダリア「不安要素アリ」も押さえ。堅い決着と見るも意外な伏兵の好走に期待の画像2
アスクワイルドモア

「○」は16番アスクワイルドモアを挙げる。

 こちらも前走は日本ダービー。中団から競馬を進めていたが、速いペースについていけず直線で力尽きて12着に敗れている。

 2歳時に札幌2歳S(G3)で皐月賞馬ジオグリフの2着に入ってみせたが、着差0.7秒と褒められた内容ではなかった。この後、ホープフルS(G1)で大敗し、3歳初戦のきさらぎ賞(G3)でも掲示板までと冴えない競馬が続く。だが、ダービー出走をかけた京都新聞杯(G2)で今回と同じコースを2分9秒5のJRAレコードで快勝した。

 展開のアヤでスーパーレコードが出たとも考えられるが、それにしても3歳でレコードを更新したのは生半可なことではない。すでに賞金は持っているので、菊花賞へ進むにしても別路線をたどるにしても、ここで勝負する必要はない。だが、完璧な仕上がりでなかったとしても、これだけのパフォーマンスができる馬だけに、京都新聞杯の再現は考えられる。

JRA【神戸新聞杯(G2)予想】プラダリア「不安要素アリ」も押さえ。堅い決着と見るも意外な伏兵の好走に期待のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合