NEW

【シリウスS(G3)展望】ダート「8戦6勝」マルシュロレーヌ弟がついに本格化!? “玉突き乗り替わり”3歳馬2頭にも要注意

【シリウスS(G3)展望】ダート「8戦6勝」マルシュロレーヌ弟がついに本格化!? 玉突き乗り替わり3歳馬2頭にも要注意の画像1

 10月1日、中京競馬場ではダート1900mを舞台にシリウスS(G3)が行われる。ここをステップにチャンピオンズC(12月4日)やJBCクラシック(11月3日)など秋のダートG1に向かう馬も多く、見逃し厳禁の一戦だ。

 主役を担うのは、ダートでは通算8戦6勝の好成績を残すマルシュロレーヌの半弟、バーデンヴァイラー(牡4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)だろう。

 4連勝を狙った2走前のアンタレスS(G3)ではまさかのブービー負けを喫したが、この時は前走比14kg減で、過去最低馬体重の影響もあったはず。

 その後は一息入れられ、盛岡のマーキュリーC(G3)で3か月ぶりに実戦復帰。この時はアンタレスSから12kg増え、立て直した効果もあり、重賞初制覇を飾った。

 逃げもしくは番手からの競馬がほとんどだったバーデンヴァイラー。この日は中団前目の5番手あたりを追走し、4角でも向正面で捲っていったテリオスベルの4馬身後方に位置していた。本領を発揮したのは直線に入ってから。直線半ばで並びかけると、最後はグイッとひと伸び。ゴール前でテリオスベルをクビ差交わした。

 控える競馬で最高の結果を残し、本格化を印象付けたバーデンヴァイラー。福永祐一騎手も常々その素質を高く評価しており、引き続きG3なら最有力候補と呼んでいいだろう。

 対抗格として名前が挙がるのは昨年の当レース覇者、サンライズホープ(牡5歳、栗東・羽月友彦厩舎)だ。

 この馬も先行力を武器に、昨年は灘S(3勝クラス)、三宮S(OP)を連勝。続くプロキオンS(G3)は1番人気を裏切って6着に敗れたが、1年前の当レースで巻き返しに成功した。

 その後はチャンピオンズC(G1)15着、東海S(G2)4着、フェブラリーS(G1)12着、そして前走の平安S(G3)は7着とやや低迷しているが、浮き彫りになっているのは精神面の課題だ。

 前走は久々にハナを切る競馬できっかけをつかみたかったが、「(後続に)交わされてから諦めてしまいました」と、幸英明騎手が話したように走る気をなくしたことが敗因。とにかく自分の形で競馬ができるかどうかが重要となる。

 4か月半の休養がいい方向にいけば、レース史上初の連覇も十分可能だろう。

 勢いなら前走小倉1700mで行われたプロキオンSを制したゲンパチルシファー(牡6歳、栗東・佐々木晶三厩舎)の方が上。

 4歳から5歳にかけて2年近くも3勝クラスにとどまっていたが、1年前にオープン入りを果たすと、いきなり2100mのブラジルC(L)で2着に好走。その後は9ハロン戦で凡走が続いたが、再び2100mに距離を延ばした2走前のスレイプニルS(OP)で3着に入った。

 そして前走プロキオンSはやや距離不足とみられたが、川田将雅騎手が早めに仕掛けて見事に勝利を収めた。前走から1ハロン延びる今回の舞台は3勝クラスを突破したときと同じ条件で、重賞2連勝の大チャンスを迎える。

 前走手綱を取った川田騎手は凱旋門賞(G1)に騎乗するため、今回は藤岡佑介騎手が1年半ぶりにゲンパチルシファーに騎乗する。

 切れ味鋭い末脚が魅力の3歳馬2頭が古馬に挑む。

【シリウスS(G3)展望】ダート「8戦6勝」マルシュロレーヌ弟がついに本格化!? “玉突き乗り替わり”3歳馬2頭にも要注意のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合