NEW

JRA福永祐一「G1勝てる」安藤勝己「走ってくる」新馬戦で2冠女王スターズオンアースに快勝した大器が再始動V!

【この記事のキーワード】, ,
福永祐一「G1勝てる」安藤勝己「走ってくる」新馬戦で2冠女王スターズオンアースに快勝した大器が再始動V!の画像1
福永祐一騎手

 24日、中京7R(1勝クラス・芝1600m)でルージュスティリア(牝3歳、栗東・藤原英昭厩舎)が勝利した。

 気性に不安のある同馬は、この日も返し馬でかなり気負った様子を見せていた。それでもレースでは何とか折り合って直線を迎えると、一度は完全に抜け出した2着馬をゴール前でクビ差捉え、新馬戦以来の2勝目を手にしている。

 しかしこの馬の素質を考えると、1勝クラスで走っている現状は陣営も不本意に感じているはずだ。

 彼女がデビューしたのは昨年の8月。追い切りに騎乗した福永祐一騎手が「G1を勝てると思う」と絶賛したことで、初戦の単勝は1.4倍と大きく売れた。

新馬戦で2冠女王スターズオンアースに快勝

 レースでは緩い流れを外から伸び、上がり3ハロン32.7秒の末脚で瞬発力勝負を制した。その時の2着馬で同じく32秒台の上がりを使ったのが、後の2冠牝馬スターズオンアースである。

 鮮やかなデビュー勝ちを決めたルージュスティリアだったが、新馬戦の後は脚部不安で休養が長引き、ようやく復帰できたのは今年3月のチューリップ賞(G2)だった。伏兵扱いの5番人気にとどまり、着順も6着に終わったが、その内容はこの馬の規格外なスケールを感じさせるものであった。

 最悪のトラブルが発生したのはレース冒頭。ゲートで立ち上がってしまったルージュスティリアはスタートで1秒近くロスしてしまう。道中は馬群にとりつくことに終始し、4角で15頭中14番手という絶望的なポジションで直線を迎えた。

 それでも余力を残していたルージュスティリアは馬の間を縫って懸命に追い込むと、勝ち馬ナミュールと並ぶ上がり最速のタイムをマークしてフィニッシュしたのだ。

 上位馬は軒並み先行馬か中団にいた馬だっただけに、元JRA騎手の安藤勝己氏も自身のTwitterで「これは走ってくるよ」と高く評価していた。

 だが、オークス(G1)の出走権確保に向けて臨んだフローラS(G2)では1番人気に推されながら、まさかの最下位。序盤に行きたがってリズムを崩したことも響いたか、福永騎手も「脚がたまり切らなかった。もう一度やり直しだね」と落胆した。鞍上の見立て通り、随所で“G1級”と思えるほどのパフォーマンスを見せながらも、気性面の課題で力を発揮しきれないまま春シーズンは終了してしまった。

 そこから5ヶ月空いた今回は、前走から20kgも馬体重が増えて身体の成長は見られたが、気性面の進歩はまだまだ必要だ。それでも未完成な状態で勝ちきることができたのは大きいだろう。

 鞍上の福永騎手は「成長分もあると思うが、動きは重かった。バランス面もまだまだで、素質だけで勝った感じ」と、本馬が所属する東京サラブレッドクラブのHPを通してレースでの感触を伝えている。

 藤原調教師も、余力を残した仕上げで勝ち切った点を評価したうえで、「求めるものが大きい馬」、「上を目指していく」と、今後に向けて力強いコメントを残している。

 ルージュスティリアは“ニックス”(相性の良い配合)として有名な父ディープインパクト×母父Storm Catという血統だ。同じ組み合わせのG1馬8頭のうち、ラキシスなど6頭が古馬G1を制しており、これからの成長もまだまだ期待できそうだ。

 福永騎手のコメントからも一度使った上積みは大きそうだが、無理をせずに今後は放牧へ出される模様。名手から「G1」というワードを引き出したほどの原石をじっくりと磨き上げ、有言実行が果たされる日を楽しみに待ちたい。

川瀬若馬

〈著者プロフィール〉

スペシャルウィークらと同世代の脱サラライター。2歳戦をこよなく愛し、POGにも傾倒。競馬にのめり込むきっかけを作ってくれたサトノダイヤモンドのようにスマートな馬を追い求めている。馬券はデータや指数など「数字」重視。回収率には目を背けることもある。

JRA福永祐一「G1勝てる」安藤勝己「走ってくる」新馬戦で2冠女王スターズオンアースに快勝した大器が再始動V!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合