NEW

JRA M.デムーロ「襲来」を乗り越えてエースの座。関係者も噂する「勝ち切れなかった男」が怒涛の3連勝でキャリアハイ驀進中

【この記事のキーワード】, ,
M.デムーロ騎手

 25日、中山競馬場で行われた3Rの2歳未勝利は、3番人気のマイネルカンパーナ(牡2歳、美浦・青木孝文厩舎)が勝利。最後の直線で鋭く抜け出すと、ユイノオトコヤマの猛追をアタマ差しのぎ切った。

「競馬を教えながら勝てたことはすごくよかったです」

 またまた「丹内」だ。鞍上の丹内祐次騎手は、これでこの日3勝目。1Rから3Rまで怒涛の3連勝で、その存在を大きくアピールした。

 2004年のデビュー以降、競馬ファンの間でも「関東の中堅騎手」として定着している感のある丹内騎手。G1などの大舞台ではあまり見かけないが、ローカル競馬の有力ジョッキーとして、馬券でお世話になったファンも少なくないのではないだろうか。

 だが、騎手19年目を迎えた今年は、そのイメージが大きく変わるのかもしれない。

 この日の3連勝で勝ち星を60勝とした丹内騎手は、現在キャリアハイを驀進中だ。先月に通算400勝を達成し、現在通算は416勝。つまり、その約1/7をこの10か月弱で稼いでいるのだから、如何に“確変モード”に突入しているのかがわかるだろう。

 ちなみに、これまでのキャリアハイは昨年の38勝。今年の活躍には現場の関係者の間でも、ちょっとした噂になっているという。

JRA M.デムーロ「襲来」を乗り越えてエースの座。関係者も噂する「勝ち切れなかった男」が怒涛の3連勝でキャリアハイ驀進中のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合