NEW

「本当のパチンコ業界の姿」が見える…【遊技業界データブック2022】公開

【この記事のキーワード】, ,

「本当のパチンコ業界の姿」が見える…【遊技業界データブック2022】公開の画像1

業界ニュース「遊技業界データブック2022」

 9月も終わりを迎え、今年も残すところあと3ヵ月だが、10月頭には『P真・牙狼2』や『ぱちんこウルトラマンティガ』『Pルパン三世消されたルパン2022』などビッグネームが並ぶ大型導入がパチンコ分野には待っている。

 その後も『PフィーバークィーンRUSH』『Pワンパンマン』『P NEOモンスターハウス』といった注目機種も控えるなど、まだまだ新台方面はアツい状況は続きそうだ。

 そんななか、日遊協(日本遊技関連事業協会)が「遊技業界データブック2022」を公開。ホール件数や設置台数、売上、稼働といったホールのデータをまとめたもので、2021年の業界事情を読み解くことができ、興味深い内容も多い。

「本当のパチンコ業界の姿」が見える!?

 業界の縮小傾向が何かと懸念される昨今、警視庁による遊技場数は2021年で8458店と26年連続で減少となり、ピークの1995年から半数以下にまで落ち込んでいるという。一方で、「倒産」という側面から見ればここ数年はその数が減っているような状況になっていたようだ。

 2020年から発生した新型コロナウイルスの感染拡大によって行われた政府の資金面における支援策などの影響によってパチンコ事業者も資金繰りが大幅に改善されたのが原因だという。

 また、その件数を見てみると最大件数となる2007、2008年でも72件、近年でもだいたい15~25件と思ったよりも少ない印象を受ける。たしかにホールは減少しているが、儲からなくなったゆえの規模縮小・事業撤退・廃業であり、経営が立ち行かなくなっての破産・倒産ではそれほど多くない。

 国道沿いにそのまま放置されている潰れたホールの無惨な光景を見ると業界における景気の悪さは深刻に映るが、まだまだ規模感でいえば国内でも屈指の業界。復活へのポテンシャルは十分にあると信じたい。

「本当のパチンコ業界の姿」が見える…【遊技業界データブック2022】公開のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合
  1. スマスロ『ヴァルヴレイヴ』噂の“ミミズモード”はなぜ起きるのか。そのモードから抜け出す方法も考察
  2. パチンコ「時折、シマが『ドーン!!』と揺れて、V入賞するはずだった玉が…。~地元J店でのハネモノの思い出~」【アニマルかつみの銀玉回顧録 Vol.007】
  3. スマスロ実戦『ヴァルヴレイヴ』で“大量上乗せ”炸裂するも… 「逆万枚負け」もあり得る超荒波スペックで感じた危機感
  4. スマスロ新台『刃牙』“穢れポイント”に隠された恩恵あり? 朝イチ「オーラ出現」で全ツッパした結果…
  5. コンビニサイズの超小規模パチンコ店が誕生!? 待望の「スマスロ・スマパチ専門店」に期待が高まるも…業界の大御所が問題点を指摘
  6. 牌の質感や音までもリアルな麻雀
  7. スマスロ登場で過熱するパチスロ市場… それでも「完全復活」は言えない理由とは
  8. スマスロで『ゴッド』登場か!? パチスロ新時代の幕開けに業界関係者も期待大
  9. 【パチスロ新台ニュース】ヒット連発の大手サミー「強力タッグ」シリーズに早くも新作! いかなる時も「成り上がり」が命運を握る!!
  10. スマスロ『ヴァルヴレイヴ』の中古機相場に異常事態発生!? 一時期は「マンション」が買えるほどの超高騰も…
  11. スマスロ「強烈な万枚突破率」など話題を独占…最強メーカー激アツ情報を再び!! 【最新パチンコ・スロット検定通過情報】