NEW

【スプリンターズS(G1)予想】人気薄確定のテイエムスパーダを自信の押さえ!メイケイエールは本命止むなしも穴馬の台頭で好配当馬券をゲット

【スプリンターズS(G1)予想】人気薄確定のテイエムスパーダを自信の押さえ!メイケイエールは本命止むなしも穴馬の台頭で好配当馬券をゲットの画像1

 今回は秋のG1開幕戦となるスプリント王決定戦、スプリンターズS(G1)を予想していく。

 まずは過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていくことにしよう。
セントウルS 13頭
キーンランドC 6頭
安田記念 3頭
北九州記念 2頭
高松宮記念、ヴィクトリアマイル、CBC賞、函館SS、パラダイスS(L)、朱鷺S(OP) 各1頭
となっている。本番で直近のレースになるセントウルS(G2)からの臨戦馬が圧倒的に多い。中2週となるローテーションを嫌ったのがキーンランドC(G3)からの臨戦ということになろうが、半数以上がどちらかのステップを踏んできているので、無難に狙うならこのローテーションとなるだろう。

 続いて人気順の成績を見ていく。
1番人気 5-1-1-3
2番人気 2-4-0-4
3番人気 2-2-0-6
4~6番人気 0-1-1-28
7~9番人気 0-0-4-26
10番人気以下 1-2-4-64
となっている。1番人気が断然の成績。近5年でも1番人気が飛んだのは昨年の一度だけとなる。数字で見ると3番人気が今ひとつ振るわないが、現状3年連続で馬券になっているので、好走傾向にある。注目したいのは10番人気以下の馬。2年連続で10番人気が3着に入っているほか、過去10年なら13番人気が勝利した年もあるので、1番人気が信頼できるとは言え、人気薄の穴馬を軽視しない方がよかろう。

【スプリンターズS(G1)予想】人気薄確定のテイエムスパーダを自信の押さえ!メイケイエールは本命止むなしも穴馬の台頭で好配当馬券をゲットの画像2
メイケイエール 撮影:Ruriko.I

 これを踏まえて「◎」は人気の中心だが13番メイケイエールとする。

 前走はセントウルS。ハイペースの中前目で競馬を進め、直線で前にいた馬をあっさり交わして2馬身半差をつける完勝、さらにレコード更新のオマケ付きだった。

 G1のタイトルだけは手が届かないものの、すでに重賞6勝を挙げている実績最上位の馬。2歳から3歳夏までは気性の荒さが災いしてレース中でも嫌がる素振りを見せるようなじゃじゃ馬だったが、現在の主戦である池添謙一騎手に乗り替わって以降、気の悪さは影を潜めスプリント戦線のトップクラスまで出世した。

 ただ、池添騎手をもってしても昨年のスプリンターズS、今年の高松宮記念(G1)はともに出遅れが響いてあと一歩が届かずG1タイトルを逃してきた。この2戦に限らず阪神JF(G1)や桜花賞(G1)でも出遅れており、なぜかG1の舞台では出遅れが目立つ。陣営もこの点を懸念しているようで、ゲートや道中の折り合いに不安があるとしている。

 とは言え、前走、2走前ともに好スタートを決めて理想的なレース展開で勝利を飾ってきた。中山コースは昨年のスプリンターズS以来となるが、この時の敗因は出遅れとはっきりしており、着差はついたが4着には来ているのでコースが合わないということはなかろう。

 4年連続でセントウルSの勝ち馬が馬券に絡んでいるほか、1番人気の複勝率が7割という圧倒的なデータもある。これを考えると、馬券妙味はないが人気に逆らってハズレを引くよりは素直に押さえるべきだろう。


「○」は12番ヴェントヴォーチェを挙げる。

 前走はキーンランドC。前残り傾向の中後方から競馬を進め、直線で空いた内から鋭く伸びて勝利を飾った。

 昨年夏にオープン入りして以降、成績が不安定になってきてはいるが、昇級して2戦ほど凡走すると3戦目で勝つという妙なパターンがあるようで、4走前の春雷S(L)や前走が勝ちのポイントに当たっていた。G3からG1を「昇格」と見るなら凡走ターンに当たるがどうか。

 陣営からは前走の勝ちに大きな収穫があったとして、順調に来ているだけに「ここでも」と色気のあるコメントが出ている。

 中山コースは上記の春雷Sで経験しているが、この時の走破タイムが1分6秒8と破格で、2着を3馬身ちぎる完勝だった。相手関係は比較にならないほど強化されるが、この実績は強い相手でも通用すると思わせてくれる。強いて言うなら6枠が過去10年で2着が1回あるだけの「死に枠」なのが気になるが、それでも押さえる価値はあると見る。

【スプリンターズS(G1)予想】人気薄確定のテイエムスパーダを自信の押さえ!メイケイエールは本命止むなしも穴馬の台頭で好配当馬券をゲットのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合