がんの最新ニュース記事 まとめ

(195件)

長期間の放置で“がん化”の恐れもある“痔ろう”とは?「痔は温めるといい」は本当か?

日本人の3人に1人が「痔」に悩んでいるといわれている。もはや国民病といってもい...

NEW

がん生存率7割に上昇、深刻な“老後の資金不足”問題が顕在化…離職等で生涯年収減少

医療技術の進歩によって、がんの生存率は向上している。国立がん研究センターの発表...

NEW

象皮病で外出できず…医師も見過ごすがん手術後の「リンパ浮腫」、画期的治療の病院が注目

医療の進歩に伴い、がんの早期発見・早期治療が可能になり、診断後の生存率も上がっ...

NEW

生命保険料は家計で月5千円で十分…「まず商品選び」はNG、意外に手厚い社会保険を確認

生命保険文化センターが出している「平成30年度生命保険に関する全国実態調査」に...

NEW

「作られた病気」で薬漬けにして、人々を殺す『医者の大罪』…近藤誠医師がまたも衝撃作を発表

今年4月、日本高血圧学会が、5年ぶりの改訂となる「高血圧治療ガイドライン201...

NEW

私が飲食店でタバコを吸う行為を絶対に許せない理由…命が脅かされる危険

まだ年若い方ががんで亡くなるという話を、よく耳にするようになりました。そのたび...

NEW

がん外科医の私にしか書けない「がん検診」「代替医療」の“紛れもない現実”

13万部のベストセラーになった『医者の本音』(SBクリエイティブ、2018年8...

NEW

子が親より早く死ぬ事例、なぜ増えているのか…平均寿命短縮化で老後2千万円も不要?

弁護士、エコノミスト、大学教授からなる金融庁審議会のワーキンググループが201...

NEW

賞味期限が異常に長い“超加工食品”は要注意?レトルト、冷凍…

今回は通巻101号となります。2週間に一度というペースですが、続けて書いていく...

NEW

子宮頸がん、20~40代女性の患者増加…ワクチン接種率は1%未満、性交渉前の接種が有効

実業家の堀江貴文氏や、医師、クリエーターらでつくる一般社団法人「予防医療普及協...

NEW

たばこ代、20年間で365万円支出…肺がんや要介護の危険増大、早急な禁煙が賢明

先日、古いテレビドラマを観ていたら、女優さんがたばこを吸うシーンが出てきて、あ...

NEW

3月は自殺者多い理由…自殺に走りやすい食事と体温

3月は学校の卒業の月であるが、人生を卒業(自殺)する人も少なくない。自殺者は一...

NEW

47歳で逝った妻の受けた治療は“正しかった”か? 遺された夫が語る、がん治療の現在

2018年10月、仙台在住の菊地貴公さんが著書『フガフガ闘病記 オシャレは抗が...

NEW

それでもオシャレをやめなかった妻へ…異色の“がん闘病本”著者が語る“妻への愛”

ある“がん本”が売れ続けている。仙台在住の菊地貴公さんが2018年10月に上梓...

NEW

無駄な医療行為リスト38…検査、薬、手術

こうして国内外の医療情報を探索するなかで関心を引かれたのが、米国の「チュージン...

NEW

牛・豚・羊の赤身肉を摂取、死亡リスク増大との調査結果

ごはんやパンを多く食べると太りやすく、そうした炭水化物(糖質)を減らすことによ...

NEW

航空機のパイロットやCA、がんを発症する人が多い? 多量の放射線を被曝

飛行中の航空機内では、地上にいるときよりもはるかに多量の宇宙線(放射線)を被曝...

NEW

マイタケの驚愕の健康増進作用…血糖値降下や発がん抑制に効果も

今年、キノコ狩りによる高齢者の遭難が相次いでいますが、なぜ私たちは遭難のリスク...

NEW

ノーベル賞受賞で話題のオプジーボ、論文に3つの重大な疑義…がん免疫療法の“現実”

「がんを自然の免疫力で治す」というフレーズで宣伝されている薬が話題になっていま...

NEW

がんと診断で住宅ローン残高ゼロ!がん特約は絶対加入!フラット35が保障充実

住宅ローンには団体信用生命保険(以下・団信)が付いています。ほとんどのローンで...

NEW

WHO、世界的な運動不足の深刻化に警鐘…がん等の病気リスク増大、歩行だけで大きな効果

スポーツの秋である。心身の病気の予防や改善のために、積極的になんでもよいので運...

NEW

がん治療が画期的に進歩した過去40年間、がん死亡者が3倍に激増の事実が示す意味

10月、ノーベル医学・生理学賞が京都大学特別教授の本庶佑博士に授与された。がん...

NEW

胃がんは防げる、患者の99%は胃の中にピロリ菌…専門医はバリウム検査より内視鏡を推奨

“ホリエモン”こと実業家の堀江貴文氏が、史上初のピロリ菌検査キット付き書籍『ピ...

NEW

○○が全国ワースト1の秋田県に若者の移住が激増している理由…世界が注目する地域に?

「出生率」「死亡率」、出生数から死亡数を引いた「自然増減率」、「脳血管疾患率」...

NEW

山本”KID”徳郁「がん告白」でタトゥー論争ネットで加熱? りゅうちぇる反発の余波も

格闘家の山本"KID"徳郁が26日、自身のインスタグラムで「がんの治療中」であ...

NEW

ビールに医薬品のような作用も…週に3缶以下でがん発生率低下

「太平洋ゴミベルト」という言葉を知っていますか? アメリカのカリフォルニア州と...

NEW

座りすぎ、がんリスク増や疲労感の高まりに関連…1日11時間以上で総死亡率1.4倍

職場のデスクワーク、電車やバスの移動、帰宅後の食事やテレビを見ているときなど、...

NEW

コレステロール摂取は健康に影響せず、米国が発表…値が低いほど、がん死亡リスク増大か

コレステロールは悪者で、できるだけ食べ物から摂らないほうが良いと思っていません...

NEW

死亡原因3位は「過剰な医療」…不必要な手術や薬服用等で年20万人が死亡

三大死亡原因に関する衝撃的な記事が、米ワシントン・ポスト紙に掲載されました【注...

NEW

コーヒー、1日4杯でがんリスク低下…妊婦は流産リスク増

コーヒーの苦みを「おいしい」と感じるようになったのは、いつの頃だったでしょうか...

NEW

なぜ、●●を食べると老化が進む? 老化を防ぐ食べ方

年を取りたくないというのは、人間なら誰しもが思うことです。なぜ年を取るのが嫌な...

NEW

農産物への抗生物質散布が野放し…薬剤耐性菌が増殖、死亡者ががん上回るペース

現在、抗生物質が効かなくなる薬剤耐性菌の出現が、社会的な問題になっている。日本...

NEW

たった10秒でがん判別、手術時間を大幅短縮のペン型装置誕生…がん細胞完全切除も可能に

手術中にがんが疑われる組織に当てるだけで、わずか10秒ほどでがんかどうかを特定...

NEW

スティーブ・ジョブズも「代替療法」で手遅れになった?情報に振り回されない治療選び

最初に発生した原発部位(がんが発生した臓器)から広がっておらず、限られた狭い範...

NEW

人間、ナスを見抜く力で他の動物より有利な地位に…がん抑制や皮膚の若さ維持

「秋なすび わささの粕につきまぜて よめにはくれじ 棚におくとも」この和歌の代...

NEW

がん検診は無意味で危険なのか?精度低いレントゲン検査でかえって肺がん死亡者増との調査結果

多くの人が日常的に受診している健康診断や人間ドック。しかし、はたしてどれだけの...

NEW

なぜ医師は病気になると、自分の病院での治療&手術を嫌がる?失敗しない病院選び

今回は、究極の病院選択方法のお話です。医療従事者はどうやって病院を選んでいるの...

NEW

抗菌グッズは利用者の健康も安全性も向上させない…米国で改めて抗菌薬の危険性を示す研究

石鹸や歯磨き粉や化粧品などを筆頭に、「抗菌」を謳う一般家庭用品は幅広く存在する...

NEW

禁煙エリアでも加熱式タバコはOK?100万人が紙タバコから完全切り替え済みか

本気で「禁煙国家」をめざしているオーストラリアでは、2012年から厳しいタバコ...

NEW

WHOの「たばこ自販機禁止」推奨を「義務ではない」と一蹴…恥ずべき自民党たばこ議員の姿

さて、1府11省2庁ある「中央省庁」のうち、JT(日本たばこ産業)株の3割を保...

NEW

コレステロール降下治療、がんや自殺等での死亡リスク増…低数値の高齢者は知力低下も

メタボ対策でとにかく悪者扱いされるのがコレステロールだ。しかし、生涯を通して心...

NEW

寿命を画期的に延ばす物質が発見、日本で普及始まる…がん・認知症リスク低減にも期待

今後30年間で、私たちの生活は激変するといわれている。昨今、AI(人工知能)の...

NEW

宇宙飛行士の循環器系疾患での死亡率は5倍!宇宙線被爆が及ぼす深刻な健康被害

1961年4月、ロシアのユーリ・ガガーリン宇宙飛行士は、宇宙船ボストークに搭乗...

NEW

人工知能ががん治療薬を開発?注射するだけ、副作用が少ない夢の新薬が誕生間近

昨年来、人工知能(AI)による新薬開発をめざして官民学が連携する複数のAI創薬...

NEW

市川海老蔵は「セルフケア」の天才…最愛の妻・小林麻央を亡くした悲しみへの立ち向かい方

最愛の相手を亡くした人が、その痛切さを明かす場面に遭遇した経験の持ち主ならば、...

NEW

1日1万5千歩で心臓疾患とがんのリスクが劇的に低下!7時間立っているだけでも同様の効果

「アンチエイジングにいい」「睡眠の質が上がる」「がんを予防する」……運動の効果...

NEW

「禁煙で売上減」は真逆、タバコ臭で客が逃げる…自民党タバコ族がくすぶらせる受動喫煙対策

 次に挙げる1~5位までの業種を一瞥して、いったいなんのワースト順位か、わか...

NEW

検尿だけで内臓がん、皮膚がん、白血病を100%検知…驚愕の能力を発揮する「がん探知犬」

山形県金山町--。この閑静な山懐の町が4月、にわかにスポットライトを浴びた。北...

NEW