ディープインパクトの最新ニュース記事 まとめ

(189件)

ディープインパクト(2002年3月25日生まれ、2019年7月30日没)は、JRA所属の競走馬である。2005年にシンボリルドルフ以来日本競馬史上2頭目の無敗の三冠馬となる。三冠を達成した際の「世界のホースマンよ見てくれ! これが日本近代競馬の結晶だ!」という実況はFNSアナウンス大賞を受賞した。2006年には日本調教馬として初めて芝部門・長距離部門で世界ランキング1位を獲得。引退後は種牡馬として活躍し、産駒のコントレイルが日本競馬史上3頭目の無敗でのクラシック三冠を達成。2008年に顕彰馬に選出された。栗東・池江泰郎厩舎、主戦は武豊騎手。

主な勝ち鞍は皐月賞(G1)、日本ダービー(G1)、菊花賞(G1)、天皇賞・春(G1)、宝塚記念(G1)、有馬記念(G1)など多数。凱旋門賞(仏G1)で3位に入線したものの、禁止薬物イプラトロピウムが検出されたことで失格となった。

5連勝ディープインパクト産駒「復活のレコード」も散った夢

 競馬には「無事之名馬」という格言が存在するが、この馬は無事であれば、一体ど...

NEW

「種牡馬引退」ハーツクライの現役時代と後継種牡馬の活躍「ディープインパクトとの因縁」を振り返る

 21日、ハーツクライ(牡20)が種牡馬を引退することが明らかになった。そこ...

NEW

JRA大阪杯(G1)で4着まで独占「ディープインパクト系」。桜花賞(G1)も波乱を呼ぶのは「孫世代」?

 4日に行われた大阪杯(G1)ではディープインパクト産駒のコントレイルとグラ...

NEW

JRA「大誤算」コントレイルが父ディープインパクトに完敗!? 菊花賞で「1億8000万円」痛恨の出費も……

 25日、京都競馬場で行われた菊花賞(G1)はコントレイルが優勝。単勝オッズ...

NEW

JRA菊花賞で「3本の矢」がコントレイルを急襲! 三冠最終戦に流れる不穏な情報と包囲網!?

 激戦となった秋華賞も終わり、いよいよ今週は3歳クラシック最終戦の菊花賞だ...

NEW

JRAディープインパクト後継種牡馬争いキズナ「脱落」のピンチ!? 2歳世代43連敗で評価急落待ったナシ?

 2020年の2歳戦が始まって3カ月が経った。今年の2歳リーディングは、モ...

NEW

JRAディープインパクト産駒が他を圧倒!? 2020セレクトセール「最高落札馬」を大予想!

 新型コロナウイルスの第二波襲来が懸念される中、今年も国内最大の競走馬セリ市...

NEW

JRAディープインパクト「大偉業」はグランアレグリア次第!? サンデーサイレンス超えには今秋が重要な理由

 先週日曜に行われた安田記念(G1)は3番人気グランアレグリア(牝4歳、美浦...

NEW

JRA日本ダービー特集、無敗の皐月賞馬コントレイルの二冠達成を強く後押しする「ある要素」とは?

 新型コロナウイルスの感染防止で実施されていた緊急事態宣言は解除されたが、...

NEW

「JRA日本ダービー特集」コントレイルが負けるパターンはコレ。絶対押さえておきたいポイント!?

 競馬ファンが待ちに待った大一番、日本ダービーがいよいよ今週行われる。先週...

NEW

JRA「最後の砦」サリオス皐月賞に暗雲!? 「ハーツクライ当たり年」の勢いに翳り……

8日の弥生賞ディープインパクト記念(G2)では、ディープインパクト産駒サトノフ...

NEW

JRA何故「ディープインパクト記念」が先だったのか? ナリタブライアン記念、シンボリルドルフ記念が生まれない理由

8日、弥生賞ディープインパクト記念(G2)をサトノフラッグが圧勝。ディープイン...

NEW

JRA母父ディープインパクト「61連敗」に愕然……「産駒」絶好調も「BMS」に危険信号

 昨年7月に17歳でこの世を去ったディープインパクト。種牡馬としてこれまで...

NEW

JRAディープインパクト国内「最後の産駒」誕生!母親はあの「おてんば娘」

 27日、ディープインパクトの日本国内最後の産駒が、北海道安平町のノーザンフ...

NEW

武豊×金子×ディープの最強トリオ ラインベックは若駒Sで確勝を期す

ブラストワンピースが出走するAJCC(G2)、インティが出走する東海S(G2)...

NEW