Business Journal > トヨタ自動車 > 3ページ目

トヨタ自動車のニュース

(461件)

 1937年、豊田自動織機製作所(現・豊田自動織機)の自動車部を母体として設立された。66年に発売した「カローラ」の台頭で国内トップとなり、95年に社長に就任した奥田碩が海外販売台数を伸ばした。トヨタグループ(ダイハツ工業、日野自動車を含む)の21年1年間のグローバル販売台数は1049万5548台で前年比110.1%。2年連続で世界首位となった。2022年3月期決算の見通しは営業収益30兆円、営業利益2兆8000億円。徹底的に合理化の知恵を出す思想は「乾いた雑巾を絞る」と呼ばれ、「必要な物を、必要な時に、必要な量だけ供給する」という「ジャストインタイム」(JIT)生産方式を確立した。JITは日本中の多くの製造業が導入し、流通業にも普及した。

トヨタ、水素燃料のマシンで耐久レース参戦の意義…盲目的なEV信仰へのアンチテーゼか

水素を燃料としたレーシングマシンが走る――。にわかに信じることはできないかもし...

NEW

ミニバン「アルファード」が絶好調!トヨタの全車種併売で「ヴェルファイア」の需要も吸収

トヨタ「アルファード」はLサイズのミニバンです。広くて豪華な室内と存在感の強い...

NEW

ホンダ、トヨタに反旗翻す…日本の自動車業界を“トヨタ傘下”扱いする豊田社長への不満

ホンダの社長に就任した三部敏宏氏が4月23日に社長就任記者会見で、2040年に...

NEW

「ホンダe」、新生ホンダの浮沈を左右か…まるで「走るリビング」、最先端の電動化技術も

4月23日、本田技研工業(ホンダ)の三部敏宏新代表取締役社長の就任会見が行われ...

NEW

新型ヴェゼル、最上級「PLaY」の納期遅延を招いたホンダの誤算と“隠れ高額車”人気とは?

前回、4月23日に正式発売されたホンダの新型「ヴェゼル」の販売事情について述べ...

NEW

新型ヴェゼル、ヤリスクロスではない本当のライバルとは?N-BOXに食われる人気のホンダ車

4月23日に2代目となる新型ホンダ「ヴェゼル」が正式発売となった。2月18日に...

NEW

アクア3ナンバー化、ランドクルーザーは排気量ダウン…トヨタフルモデルチェンジ最新情報

コロナウイルス感染症拡大の影響で、各自動車メーカーの販売台数が伸び悩むなか、ト...

NEW

トヨタ「86」&スバル「BRZ」、2代目誕生の意義…パワーアップ&軽量化で加速力向上

トヨタ自動車の「86」とSUBARU(スバル)の「BRZ」が、フルモデルチェン...

NEW

ルネサス、経営を脅かす爆弾…1兆円超の有利子負債、1兆円超の「のれん代」

半導体大手のルネサスエレクトロニクスが英アナログ半導体メーカー、ダイアログ・セ...

NEW

トヨタ、経団連と明確に距離置く…日立製作所から会長・副会長“同時選出”の異常事態

経団連の新体制が3月8日、発表された。6月1日の定時総会を経て新しい体制になる...

NEW

トヨタ、章男社長の暴走…広報が競合他社に関する報道に介入、メディアに“説明”要求

「最近のトヨタは、日産やマツダなど競合他社の報道についても『ご説明』を求めてく...

NEW

トヨタ「ヤリスクロス」がSUVのベストセラーに!ライバル車より17万円安い理由とは

トヨタ自動車「ヤリスクロス」は、コンパクトカーの「ヤリス」と共通のメカニズムを...

NEW

クラウン、販売苦戦の本当の理由…古いトヨタ車ユーザーを狙うトヨタの販売戦略

前回、トヨタ自動車「アルファード」の売れ行きが好調なことについて、「クラウン」...

NEW

アルファード“激売れ”の裏で加速するクラウン離れの実態…エスティマからの乗り替えも

世の中では、トヨタ自動車の「アルファード」がよく売れているのが話題となっている...

NEW

キリンHD、クーデターのミャンマー国軍系企業と合弁、解消に壁…海外戦略が行き詰まり

ミャンマーでアウンサン・スーチー国家最高顧問ら政権幹部を国軍が拘束する軍事クー...

NEW

スズキ、修会長退任で完全漂流…最大リスクは長男・俊宏社長、命運握るトヨタの決断

スズキは2020年、創立100周年を迎えた。これを機に、「“ドン”の鈴木修会長...

NEW

菅政権の愚策で日本の自動車産業が衰退危機…コスト削減で外資依存、台湾の半導体支配を助長

コロナ禍で動画配信、オンラインミーティングやストリーミングゲームが流行し、半導...

NEW

トヨタ社長の苛立ち…影薄いFCV「MIRAI」、日本のエネルギー政策が自動車業界の障害

2050年までの温室効果ガス排出量ゼロに向けた日本政府の実行計画で、排出量に応...

NEW

トヨタ新型「ミライ」、前代未聞の激安高級車…静粛性&乗り心地も圧倒的、豪華で装備も充実

トヨタ自動車の水素燃料電池車「ミライ」が、二代目となって正式に誕生した。実は昨...

NEW

新車販売の“トヨタ1強”は今年も続くのか?「今、買うならトヨタ車」となる消費者心理

前編の最後で、今の“トヨタ1強”はトヨタ自動車が“仕掛けた”結果だけとは言い切...

NEW

アルファードもRAV4もカローラもよく売れる…トヨタ“一人勝ち”だった2020年の新車販売事情

自販連(日本自動車販売協会連合会)から、2020年12月単月の登録車新車販売台...

NEW

昨年から株価爆増中の岩谷産業とは何者なのか?「水素社会到来」という理想と現実

1月13日の東京株式市場で岩谷産業株が一時、前日比300円(4%)高の7470...

NEW

トヨタ・RAV4がスズキ・ジムニーを抜いて中古車人気1位になった理由…平均価格は330万円台

中古車情報メディア『カーセンサー』(企画・制作 株式会社リクルートマーケティン...

NEW

GRヤリスという名の“小さきモンスター”…これで公道を走っていいのか?悶絶の試乗ルポ

2020年の国産車は、トヨタヴィッツ改めヤリス、ホンダフィット、そして日産ノー...

NEW

菅政権「ガソリン車ゼロ」政策が日本の雇用を破壊!トヨタ社長が怒り爆発の理由

菅義偉首相が所信表明で「脱炭素社会」を掲げ、日本も2030年代半ばに新車販売で...

NEW

トヨタ現行クラウン“失速の本質”…SUV化の前に過度なスポーティデザインの見直しを

「次期クラウンはSUVになる」。11月11日に、トヨタ自動車のお膝元である愛知...

NEW

新型ソリオとルーミーが今後も“売れまくる”理由…トヨタとスズキの販売戦略の最大の違い

本連載前回記事で、スズキの新型「ソリオ」とトヨタ自動車の「ルーミー」「タンク」...

NEW

スズキ「ソリオ」とトヨタ「ルーミー&タンク」が“どちらも売れ続けた”新車販売の裏事情

2020年11月25日にスズキの新型「ソリオ」が発表、12月4日に発売された。...

NEW