フェブラリーステークスのニュース

(168件)

フェブラリーステークスは、JRAが施行する最も古い歴史を持つダートの重賞競走で、開催条件は東京のダート1600m。1997年に前身のフェブラリーハンデキャップからフェブラリーステークスに改称され、中央競馬のダート重賞競走として初めてG1に昇格。負担重量もそれまでのハンデから定量に変更、上半期のダート最強馬決定戦として位置付けられている。

2007年から外国馬の出走も可能になり、2016年からブリーダーズカップ・チャレンジの対象競走にも指定された。本競走を好走した馬は「ドバイミーティング」に招待されるケースもあり、2011年の優勝馬トランセンドは、同年のドバイワールドカップ(G1)でヴィクトワールピサの2着に入った。

G1初騎乗見えた今村聖奈と藤田菜七子のホロ苦い記憶

 3日、名古屋競馬で行われたJRA交流競走・名古屋チャレンジカップラズベリ...

NEW

5歳で早くも”引退勧告”を受けたノンコノユメが切ない

 25日、元JRAのG1馬で大井に移籍したノンコノユメ(セン10歳、大井・...

NEW

JRAフェブラリーS、白毛のダート王誕生か?有力馬不在、ソダシ勝利は運次第?

スキージャンプ混合団体で波紋を呼んだ高梨沙羅選手の失格など、さまざまな出来事が...

NEW