日本テレビの最新ニュース記事 まとめ

(320件)

警察官僚から読売新聞社社長に転じた正力松太郎が1952年に設立した。同年に日本で最初のテレビ放送予備免許を取得。53年にテレビ放送を開始する。54年にNHKと同時に「力道山・木村政彦対シャープ兄弟」のプロレス中継を3日間にわたって放映。新橋駅前の街頭テレビ前広場が群衆であふれ返り、この中継を契機にテレビ文化が発展したといわれている。74年、読売新聞社は朝日新聞社と毎日新聞社が所有する日本テレビ株式を取得し、日本テレビは読売新聞の傘下に入る。2012年に認定放送持株会社・日本テレビホールディングスに移行し、会社分割によって日本テレビ放送網株が発足した。ホールディングスの筆頭株主は読売新聞グループ本社。21年に11年連続で視聴率三冠王を達成した。

『家庭教師のトラコ』予想外の不振に落ち込む日本テレビの苦しい事情

『家庭教師のトラコ』『初恋の悪魔』『新・信長公記』……今夏はとにかく日本テレビ...

今、テレビ業界で「日本テレビが最も危うい」と言われる理由

あまり報じられていないが、日本テレビが厳しい状態に追い込まれ始めている。日本テ...

水卜麻美アナが1人で全面広告に…『ZIP!』年間コア視聴率1位を誇る日テレの事情

1月5日、読売新聞の東京版の朝刊に日本テレビ・水卜麻美アナウンサーの笑顔が踊っ...

NEW

日テレ女子アナ、2021年活躍ベスト5!選外もブレイク必至の忽滑谷こころアナ

2021年に活躍した女子アナを、民放キー局ごとにベスト5のランキングで紹介する...

NEW

三冠王・日テレ、低迷の始まりか、じわり視聴率低下の理由…深刻な“フジテレビ化”

10年連続で全日・プライム・ゴールデンの全3部門で個人視聴率1位を獲得し、年間...

NEW

『オモウマい店』好調の裏に潜む日テレのヤバい事情…TBS『THE鬼タイジ』は爆死か

コロナ禍2年目となった2021年。テレビ界はどんな状況だったのだろうか。テレビ...

NEW

絶賛続きの『恋です!』に思わぬ落とし穴?終盤の不穏な展開に視聴者が戸惑うワケ

ネットメディアで報じられる世帯視聴率では7~9%台を推移しているものの、オリコ...

NEW

コア視聴率重視の日本テレビが『笑点』を終わらせない本当の理由とは?

「コアターゲット」「コア視聴率」……。それまで聞き慣れなかった名称が一気に広ま...

NEW

フジは1日、TBSも5日のみ… テレビ局の国政選挙の軽視と安直報道の増加

2021年の衆議院議員総選挙は、かつてない短期間の間に岸田新政権の発足、解散、...

NEW

日本テレビのバラエティがマンネリ化で“局離れ”の危機…テレ朝が視聴率猛追の裏側

テレビ朝日が、わずかではあるが視聴率民放1位をひた走る日本テレビに迫っている。...

NEW

『仰天ニュース』謝罪、制作会社は過去に『ほこ×たて』等にも関与…やらせ繰り返される構図

日本テレビ系番組『ザ!世界仰天ニュース』が裏づけを欠いた医療情報を放送し、日本...

NEW

『スッキリ』アイヌ差別検証番組、決定的に欠けていた点…局内で「何が差別表現に当たるか」認識薄らぐ

今年3月に日本テレビ系の情報番組『スッキリ』でアイヌ民族に対する差別表現が放送...

NEW

『バイキングMORE』坂上忍ら芸能人がUSJで大はしゃぎの呆れた“二枚舌”…テレ朝&日テレも

野々村真、田中圭、北村匠海、くりぃむしちゅー・上田晋也、陣内智則、沢村一樹、ス...

NEW

『ZIP!』視聴率低下が止まらない…お天気キャスターのスタジオ投入も不発の苦しい裏事情

破竹の勢いで人気を獲得し、オファーが絶えない女優がいる一方で、伸び悩む女優もい...

NEW

『news every.』事故死児童の同級生への“誘導質問”で露呈、報道番組の深刻な劣化

6月28日に千葉県八街市の市道で起きた、大型貨物トラックが下校中の同市立朝陽小...

NEW

「どうだった?」『news every.』事故死児童の同級生に無遠慮な取材&放送、物議醸す

6月28日に千葉県八街市の市道で起きた、大型貨物トラックが下校中の同市立朝陽小...

NEW

『オモウマい店』高視聴率を生む“常識を覆す”仕掛けとは?グルメ番組ブーム再来の裏側

4月から火曜夜7時台で始まった『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』(日本...

NEW

1強状態の日本テレビ、本当のライバルはテレ朝ではなくフジテレビ?視聴率争いの裏事情

メディアで連日のように報じられ、そのたびに話題となる「視聴率」。「好調スタート...

NEW

『ZIP!』日テレの“社畜”化する水卜麻美アナ投入でも視聴者離れ深刻化…致命的な弱点とは

新たな『ZIP!』(日本テレビ系)に、早くも不穏な空気が漂っている。総合司会を...

NEW

加藤浩次、近藤春菜の卒業で『スッキリ』内で孤立か…生放送で進行無視、吉本“クビ”の真相

加藤浩次が“弱音”を吐いたのは、3月26日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)の...

NEW

『王様のブランチ』に強敵?日テレ、土曜昼に新情報番組で“殴り込み”?司会は指原莉乃か

土曜昼の情報番組の視聴率争いが激化しそうだ――。1996年から約25年にわたり...

NEW

『君と世界が終わる日に』ゾンビより怖い日テレの強気な戦略…忍び寄る“最大の不安”とは

スタート前から何かと批判の声が目立ち、不安視された『君と世界が終わる日に』(日...

NEW

片瀬那奈&福澤朗が日テレ降板の裏事情…『めざましテレビ』に勝てない『ZIP!』の苦境

今年3月末に、日本テレビの情報番組とワイドショーに大異変が起きる。『ZIP!』...

NEW

【日テレ・2020年度版】女子アナ・ベスト9!水卜麻美だけじゃない、意外と人材豊富

2020年現在の東京キー局各局の女子アナの活躍度を野球の打順に見立てて、徹底分...

NEW

東海オンエア、地上波進出にファン大歓喜…日テレとHulu、若者獲得の起爆剤となるか

 お笑い芸人や俳優など、テレビを中心に活躍してきたタレントが、ここ1年ほど...

NEW

波瑠×朝ドラ脚本家の『#リモラブ』が低迷する3つの理由…タイトルは戦略ミス?

これほどコロナ禍を真っ向から扱った連ドラはなく、しかも「ネット上の反応が大きい...

NEW

玉木宏主演『極主夫道』アニメ化はなぜいま発表された?激変するアニメ業界の悲しき事情

現在日本テレビ系で毎週日曜22時半から放送中のドラマ『極主夫道』のアニメ版が来...

NEW

『スッキリ』、コスプレイヤーの写真を無断使用が物議…「BPO案件」「肖像権侵害」の声も

10月26日に放送された朝の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)について、ツイ...

NEW

『35歳の少女』から目が離せない理由…遊川和彦は“家族再生”の先に何を見せるのか?

10月に入り、秋クール(10~12月)の連続ドラマが続々と始まっているが、注目...

NEW

『ダウンタウンDX』前の「ピー音」放送事故はなぜ起きた?左遷もあり得る大失敗の舞台裏

10月8日に日本テレビで発生した放送事故が波紋を呼んでいる。これは、バラエティ...

NEW

『有吉の壁』高視聴率連発で“脱ひな壇”に成功…お笑いで失敗続きのフジテレビと日テレの差

コント番組がもはや風前の灯、絶滅寸前だ。クイズにトーク、大食いチャレンジ、動物...

NEW

『私たちはどうかしている』が“観月ありさ劇場”に?日テレの誤算と挽回策

TBSドラマの好調ばかりが伝えられる中、すっかり影に隠れた存在となっている『私...

NEW

酷評から一転、盛り上がる『未満警察』が“単なるアイドルドラマ”ではない理由

「あり得ない」という観点で見たら放送されているドラマの中でも断トツではないか。...

NEW

NHK『バリバラ』が今年も『24時間テレビ』を挑発…障害者を消費する「感動ポルノ」を批判

『24時間テレビ「愛は地球を救う」』(日本テレビ系)の放送がスタートする8月2...

NEW

『24時間テレビ』意味不明な「募金ラン」企画の裏事情…番組コラボに日テレ内から不満も

今週末の8月22、23日、日本テレビ系で『24時間テレビ43』が放送される。周...

NEW

フジテレビのフジHD、利益9割減の衝撃…テレ東、コロナ禍でも増益達成の巧妙な経営

新型コロナウイルス感染拡大の影響が、テレビ局の業績を直撃した。民放キー局5社の...

NEW

『24時間テレビ』、相変わらずの“ジャニーズゴリ押し臭”に辟易…「価値がわからない」

日本テレビが行う今年の『24時間テレビ』のメインパーソナリティーが、同局の情報...

NEW

『野ブタ。をプロデュース』再放送、15年前のドラマが“今こそ観るべき作品”である理由

新型コロナウイルスの世界的流行はテレビドラマにも大きな影響を与えており、新作ド...

NEW

『知らなくていいコト』急展開で冬ドラマ最注目作に…過熱する不倫報道の是非

冬ドラマが中盤を超えた今、急激に話題性が上がっているのは『知らなくていいコト』...

NEW