沖田臥竜の最新ニュース記事 まとめ

(148件)

ルポ尼崎~尼崎に存在するプロ野球選手のパワースポット~【沖田臥竜コラム】

そして先日は、プロ野球選手の聖地と呼ばれる焼肉屋「光(みつ)」に仕事でお邪魔す...

NEW

「超RIZIN」で波紋を呼んだ、ごぼうの党代表を作り上げた現代社会【沖田臥竜コラム】

試合前、メイウェザーに花束を渡すため、いつものコスチュームである袴姿でリングに...

NEW

格闘技を盛り上げていこうとする男たち…彼らにある“華”の正体

 去年の夏に大阪で開催されたRIZINに続き、付き合いのある選手から招待さ...

NEW

山上徹也の伯父の言葉をめぐる「当事者とメディアの使命と責任」

7月14日発売の「週刊文春」と「週刊新潮」が、安倍晋三元首相の銃撃犯である山上...

NEW

安倍元首相銃撃事件に思う「世界を変える」「自分を救う」ための思考

私自身も、かつて少なからず森友問題を取材し、さまざまな関係者に直接話を聞いたの...

NEW

【追悼】反骨の映画人・河村光庸氏が遺した「功績」と「笑顔」

筆者がコロナに感染した矢先に届けられたのが、映画人・スターサンズ代表の河村光庸...

NEW

小説『ムショぼけ』重版で確信した、21年間書き続けたことの意義【沖田臥竜コラム】

 まだ春は始まったばかりのある日。私の携帯電話が鳴った。お世話になっている小...

NEW

小説『ムショぼけ2~陣内宗介まだボケてます~』発売! 話題作の続編を堪能あれ

ただお陰さまで、すべてを犠牲にしてでも、これだけはやり遂げてみせると情熱を燃や...

NEW

暴露系YouTuberの人間性の本質とは【沖田臥竜コラム】

現在、異常な騒ぎを見せている暴露系YouTuberである東谷義和氏の「ガーシー...

小説『ムショぼけ2〜陣内宗介まだボケています〜』サイゾーから発売! さらに秋には…

ただお陰さまで、すべてを犠牲にしてでも、これだけはやり遂げてみせると情熱を燃や...

NEW

森友公文書改ざん問題をめぐる、表現の可能性と報道への違和感【沖田臥竜コラム】

 「週刊文春」(2月3日号)で、森友問題の中で公文書改ざんに関わり、自ら命を断...

懸賞金付きの未解決事件が二十数年のときを経て、ついに弾けるのか【沖田臥竜コラム】

現在、20年以上前に起こったコールドケースに対して、それこそマスコミが色めき立...

70年続いた売春街の灯火が消えた「かんなみ新地」は今【沖田臥竜コラム】

神戸方面から国道2号線を出屋敷線へと右折した私は、信じられない光景を目の当たり...

神田沙也加さんの悲劇に想う、ジャーナリズムや小説が「有名人の死」を扱う意味

 ドラマ『ムショぼけ』の企画をスタートさせた際、どうしても外せないテーマが...

NEW

なぜ「藤井陽人」という役者は人気連ドラの主要キャストに名を連ねたのか

当サイトの連載陣のひとり、作家の沖田臥竜氏が原作を務めるドラマ『ムショぼけ』(...

NEW

あいみょん超え確実の「西宮出身のスターの卵」最強清純派女優とは?

 甲子園球場がある兵庫県西宮市。長らく甲子園は大阪にあるものと思われてきた...

NEW

【追悼】友である工藤明男のこと(最終回)…最高にタフだった男の最期

工藤明男の死を受けて、私はメディアに対して強く感じたことが2つあった。ひとつは...

NEW

【追悼】友である工藤明男のこと(3)…SNSや週刊誌の背後にいる人間への違和感

工藤明男の死を受けて、私はメディアに対して強く感じたことが2つあった。ひとつは...

NEW

【追悼】友である工藤明男のこと(2)…関東連合3部作ヒットを経ての小説執筆への思い

生きているとあの時にこうしておけば……と思うときがある。その思いを、私は『ムシ...

NEW

【追悼】友である工藤明男のこと(1)…11月28日と、それ以前のやりとり

神戸方面から国道2号線を出屋敷線へと右折した私は、信じられない光景を目の当たり...

NEW

堂々と売春を続けてきた「かんなみ新地」が閉鎖…70年間、灯り続けた営みと文化【沖田臥竜コラム】

神戸方面から国道2号線を出屋敷線へと右折した私は、信じられない光景を目の当たり...

NEW

「死ぬと思えば何でもできる」でも「死にたくない」という思いが強い…そこから抜け出すには?

随分と誤解があるが、確かに「明日死ぬ」とわかっていれば、何でもできるだろう。少...

NEW

原作者が語るドラマ『ムショぼけ』の新たなる展開、ローカルドラマから全国制覇へ

生まれてこの方、食生活に気を使ったこともなければ、ダイエットなどとは一切無縁の...

NEW

命がけで戦う親分たちを見てきた男が語る「真のリーダーの条件」とは?

生まれてこの方、食生活に気を使ったこともなければ、ダイエットなどとは一切無縁の...

NEW

「世田谷一家殺人事件」犯人特定に向け新展開 !? 週刊誌報道を期待していいのか

物事には歴史というものが存在する。それは企業においてもそうだろう。  1990...

NEW

ヤクザになる覚悟、カタギになる覚悟…人生の充実度とは「自分の限界を超えること」

生まれてこの方、食生活に気を使ったこともなければ、ダイエットなどとは一切無縁の...

NEW

池波正太郎も苦闘した「仕事へのやる気を起こす方法」…そんなものはあるのか?

やる気が出る方法……普通に考えほしい。そんなものはあるわけない。ただ案ずるな。...

NEW

元極道が語る「拳銃を突きつけられる」という極限でも冷静でいられる方法

誰だって大事な場面では、大なり小なり緊張はするものだ。緊張しないコツを会得しよ...

NEW

社会の底辺で「ムショぼけ」だった男の志がドラマに…なぜ実現できたのか【沖田臥竜コラム】

タイミングとは重なるものである。25歳の秋。21歳で過ちをおかし、“更生施設”...

NEW

社会の表裏を知る作家が語る「信頼され、求心力を持つリーダーになるためには?」

リーダーとは何なのか。まずは、周りを見渡してみればよい。やれ、オレの肩には部下...

NEW

沖田臥竜×藤井道人『ヤクザと家族』から『ムショぼけ』へ…「ヤクザのその後」が娯楽ドラマになったワケ

主人公は、14年もの刑務所暮らしから帰ってきたばかりの元ヤクザ。世の中の環境の...

NEW

遊びたい、眠たい、面倒臭い…欲望や邪念にどうすれば勝つことができるのか?

ここでは、読者から寄せられた質問に答えていきたい。今回寄せられた質問はこれだ。...

NEW

毎日を漠然としても生き、モヤモヤしているあなたへ…「本当の夢」を見つける方法を教えます

 こんな悩みを抱える人に出会った。 「自分が本当にやりたいことが見つからない...

NEW

お金で買えない夢を実現する鉄則! あなたは行儀よく「順番待ち」をしていないか?

 「人生の成功」とはいったいなのか。経済的な成功を指すのか。いや、必ずしもそ...

NEW

社会の底辺を知る男が語る「絶対に裏切られない『成功の掟』」

 端から見れば、今の自分は「成功している」と映る面があるかもしれない。成功と...

NEW

元ヤクザの戸惑いと笑いを描いたドラマ『ムショぼけ』の熱狂【沖田臥竜コラム】

物事には歴史というものが存在する。それは企業においてもそうだろう。  1990...

NEW

エイベックス買収の「仕掛け人」の狙いはどこに? 【沖田臥竜コラム】

物事には歴史というものが存在する。それは企業においてもそうだろう。  1990...

NEW

『ヤクザと家族 The Family』が描いた苦悩と可能性の“リアル”【沖田臥竜コラム】

観れば観るたびに、おもしろさと深みが増す映画というものがある。前回気づかなかっ...

NEW

山口組分裂が生んだ悲劇か…絆會・金澤成樹若頭が慕い合う組長を銃撃した背景とは?

既報の通り、絆會のナンバー2である金澤成樹会長が、竹内組の宮下聡組長を銃撃し、...

NEW

なぜ未解決事件は生まれる? 『迷宮』が描いた「点と点が結ばれない物語」【沖田臥竜コラム】

未解決事件を丁寧に慎重に取材すればするほど、たどり着く答えというものがある。そ...

NEW

伊勢谷友介容疑者逮捕の一方で囁かれた「大物男性アーティスト」薬物情報【沖田臥竜コラム】

その日の午前中、私は、スクープを連発させることで業界内ではよく知られている週刊...

NEW

『新聞記者』藤井道人監督の最新作が示した「宇宙と屋根」の新概念【沖田臥竜コラム】

先日、対談をさせてもらった藤井道人監督【参考記事「映画『ヤクザと家族』特別対談...

NEW

映画『ヤクザと家族 The Family』から見える、21世紀のリアルすぎるヤクザ事情

今年、33歳という若さで日本アカデミー賞を獲得した気鋭の映画監督・藤井道人。そ...

NEW

綾野剛、舘ひろし出演の映画『ヤクザと家族』監修で見た壮絶な撮影現場【沖田臥竜コラム】

一言でいえば、映画の撮影現場は、強烈な“オトナの文化祭”といったところだろうか...

NEW

六代目山口組の中核、三代目弘道会に起きた衝撃の移籍劇…分裂騒動で何が起きているのか?

六代目山口組の中核組織、三代目弘道会。その中でも昨今一際勢力を拡大し続けている...

NEW

六代目山口組、復活した「菱のカーテン」…当局によるさらなる厳罰化の前に続く沈黙

現在、六代目山口組では情報漏洩に対して徹底した防止策が敷かれている。そもそも山...

NEW

ヤクザによる「歌舞伎町・スカウト狩り」の背景… 元マル暴が「コロナ禍の空白化」を指摘

歌舞伎町はやはりただならぬ街だった。緊急事態宣言の解除を待たずして、徐々に人手...

NEW

コロナ禍だからこそ「ウェディングソング」を作ってやろうと思ったワケ【沖田臥竜コラム】

自粛期間中、筆者も表現活動などを通じて、何かできないかと考え続けていた。そうし...

NEW