Business Journal > 皐月賞 > 10ページ目

皐月賞のニュース

(280件)

皐月賞(さつきしょう)は、JRAが施行するクラシック三冠競走(皐月賞・日本ダービー・菊花賞)の第一関門で、開催条件は中山競馬場の芝2000m。5着までに東京優駿(日本ダービー)の優先出走権が与えられる。

イギリスのクラシックレースである2000ギニーを範として、最もスピードのある優秀な牡馬の選定、および優秀な繁殖牡馬の選定を目的に創設された横浜農林省賞典4歳呼馬競走が前身。当初は、横浜競馬場・芝1850mで行われていたが幾度の舞台変更を経て1949年から現在の名称である皐月賞に改称し、中山競馬場での開催に定着。翌年からは距離も現在と同じく芝2000mで開催されている。

1995年より指定交流競走とされ、地方競馬所属馬も出走可能になり、2002年からは外国産馬にも開放された。2010年から国際競走に指定され、外国馬も出走可能となっている。「もっとも早い馬が勝つ」という格言で知られており、逃げ馬・先行馬が波乱を起こすことも少なくない。

春だ! 皐月賞だ! 武豊だ! 考えれば考えるほど「苦しい……」それでも期待したいエアスピネルと「マジック」

今週末に中山競馬場で開催される皐月賞(G1)。史上空前のレベルとされる今年の下...

NEW

【徹底考察】皐月賞(G1)アドマイヤダイオウ&ナムラシングン 「8馬身差圧巻の若葉Sの評価は……」

人もまばらな昼下がりの阪神競馬場が、どよめきに包まれた。「なんだ、これ.......

NEW

ファンの不安も頂点!? 川田将雅騎手が桜花賞「インが塞がって大外大移動」敗退に、皐月賞マカヒキでも……の声

先週の桜花賞(G1)は、大本命であったメジャーエンブレムが4着に敗退し、3番人...

NEW

【徹底考察】皐月賞(G1)サトノダイヤモンド 2億4,000万円のダイヤは「本物」か「偽物」か

2001年、皐月賞 その馬は、わずか4度の戦いで神話になった 異次元から現れ、...

NEW

【G1展望・皐月賞】「日本競馬史上最高」とウワサの「頂上決戦」が、ついに幕を開ける!

今年最大の注目......いや、もしかしたら「日本競馬史上最もハイレベル」と戦...

NEW

皐月賞主役の一角・マカヒキにネット上で不安が……川田将雅騎手の「癖」と「テン乗り」の強さは!?

今年の牡馬クラシックにおける主役の1頭、3戦3勝のマカヒキ。リオンディーズ、エ...

NEW

【徹底考察】弥生賞(G2)リオンディーズ「もう一度、誰が”最強”なのか思い知らせる必要がある」

「凱旋」 約3か月の充電を経て、2歳王者が帰ってくる。 昨年、わずか1戦という...

NEW