Business Journal > 皐月賞 > 3ページ目

皐月賞のニュース

(280件)

皐月賞(さつきしょう)は、JRAが施行するクラシック三冠競走(皐月賞・日本ダービー・菊花賞)の第一関門で、開催条件は中山競馬場の芝2000m。5着までに東京優駿(日本ダービー)の優先出走権が与えられる。

イギリスのクラシックレースである2000ギニーを範として、最もスピードのある優秀な牡馬の選定、および優秀な繁殖牡馬の選定を目的に創設された横浜農林省賞典4歳呼馬競走が前身。当初は、横浜競馬場・芝1850mで行われていたが幾度の舞台変更を経て1949年から現在の名称である皐月賞に改称し、中山競馬場での開催に定着。翌年からは距離も現在と同じく芝2000mで開催されている。

1995年より指定交流競走とされ、地方競馬所属馬も出走可能になり、2002年からは外国産馬にも開放された。2010年から国際競走に指定され、外国馬も出走可能となっている。「もっとも早い馬が勝つ」という格言で知られており、逃げ馬・先行馬が波乱を起こすことも少なくない。

JRA皐月賞、プロが選ぶ“買うべき5頭”…春競馬はこれで万全!各陣営の内部事情を網羅

勝ち馬にナリタブライアンやディープインパクト、オルフェーヴル、コントレイルとい...

NEW

JRA ダノンザキッド「皐月賞の呪い」でまた勝てない!? 6年前の最強世代も陥った継続中の「ジンクス」…とは

 牡馬クラシック第1弾の皐月賞(G1)が18日、中山競馬場で行われる。注目の...

NEW

JRA新人女性騎手が武豊超えの快挙!今週末は皐月賞で一攫千金のチャンス、衝撃の裏事情

新人女性騎手が武豊超えの衝撃的な活躍を見せている。今年3月にデビューした日本中...

NEW

JRA 「幻の秋華賞馬」レイパパレ高野友和調教師の挫折……、4年前に味わった皐月賞1番人気馬との苦い記憶とは

 コントレイル、グランアレグリア、サリオスが激突し、三強対決に注目が集まった...

NEW

JRA 横山典弘「降板」も皐月賞(G1)にわずかな望み!? 未解決の「鞍上問題」を抱える注目の陣営は

 18日に中山競馬場で行われる皐月賞(G1)に出走を予定しているステラヴェロ...

NEW

JRA福永祐一「騎乗馬なし」で皐月賞(G1)「不参戦」のピンチ!?絶不調ジョッキー川田将雅に託されたクラシック

 三冠騎手の皐月賞(G1)参戦に不穏なムードが漂っている……。  昨年、コン...

NEW

JRA皐月賞には直結せず?存在価値が薄まる「弥生賞」馬から、スターホースが誕生しないこれだけの理由

 7日(日)の中山競馬場では、弥生賞ディープインパクト記念(G2)が開催され...

NEW

JRA京成杯、11年連続の万馬券は必至!荒れる冬競馬で大儲けする人が続出する裏事情

1月6日に2020年度のJRA賞が発表され、年度代表馬にアーモンドアイが選出さ...

NEW

JRA 皐月賞(G1)も「爆穴狙い」で返り討ち!? 穴党・徳光和夫『定期預金を解約』するほどの負けっぷりに驚愕

 18日、フリーアナウンサーの徳光和夫が、ラジオ番組『徳光和夫 とくモリ!歌...

NEW

JRAコントレイル皐月賞(G1)は福永祐一の「神騎乗」だったのか!? 王者が見せた圧倒的パフォーマンス

 19日、中山競馬場で行われた皐月賞(G1)は、福永祐一騎手の1番人気コント...

NEW