終活のニュース

NEW

作家・下重暁子が考える、悔いのない死を迎えるために今から始められることとは?

 誰にでもいつかはやってくる「死」。  もし、明日死ぬと決まっていたら、...

NEW

尊厳死宣言はムダだった?終活で尊厳死を宣言した女性の「寝たきり」「胃ろう」介護の現実

中野ヨシさん(71歳、女性)は、特別養護老人ホームに入所して丸3年が経過した。...

NEW

スマホは“中身も遺品”! これから必要不可欠な「デジタル終活」の心得とは?

 住所やクレジットカードの情報、交友関係と連絡の履歴、インターネットの...

NEW

「遺品整理」で家族を困らせないための“前向きな生前整理”マニュアル

前回は、終活の最初のステップ「老前整理」についてお話ししました。後編はあとの2...

NEW

50代で「老前整理」をやるべき理由…60代以降が劇的に快適に、やらないとデメリット

言葉が先歩きして、一時期大流行した「終活」。実は残された家族に迷惑をかけないた...

NEW

“気がついたら亡くなっていた”は不幸なのか「家族揃って死の宣告」が理想とされる違和感

中村朝子さん(仮名:65歳)は、ある病気で障害福祉サービスを受けながら、在宅で...

NEW

夫の位牌なし、墓なし…介護施設にひとり残された妻は、“制度の狭間”に取り残された

“葬儀にお坊さんを呼ばなかった” 「私は夫をどうやって弔ったらよいのでしょうか...

NEW

介護現場がノータッチの“死後”のこと…“死の質”を高めることこそ重要ではないか

社会福祉士の吉川美津子です。福祉といっても、高齢者・障害者・児童・地域・低所得...

NEW

相続税の節税には不動産? その理由と気をつけるべき落とし穴

平成の終わりにかけて話題にのぼることの多かったワードの一つが、2010年に新語...

NEW

「あなたの人生を変える」サービス、絶賛と感動で密かなブームに

団塊の世代が定年を迎え、高齢者の人口が激増している。その高齢者を対象としたサー...

NEW

遺影サービス、なぜにわかに人気?高まる「自分らしい葬儀」へのニーズ、多様なメニューが続々

遺影用の写真を生前に作成して保管してもらえるサービスもある。その名も「遺影ポス...

NEW

いざとなってからでは遅い…「親の望む葬儀」のために、今からやるべきこと

2012年10月に41歳の若さで亡くなった流通ジャーナリストの金子哲雄さん。彼...

NEW

年金支給減に相続トラブル増、どう対応?人気高まる遺言代用信託、家族の継続的収入源に

自身の人生の全うの仕方を考える、いわゆる「終活」がここ数年注目を集めているが、...

NEW

鉄道、ラッシュ時の運行遅延激増のワケ~背景には鉄道会社の人命より利益重視の姿勢か

「週刊東洋経済」(東洋経済新報社/10月26日号)は「いま知りたい終活」という...