葬送のニュース

NEW

“気がついたら亡くなっていた”は不幸なのか「家族揃って死の宣告」が理想とされる違和感

中村朝子さん(仮名:65歳)は、ある病気で障害福祉サービスを受けながら、在宅で...

NEW

夫の位牌なし、墓なし…介護施設にひとり残された妻は、“制度の狭間”に取り残された

“葬儀にお坊さんを呼ばなかった” 「私は夫をどうやって弔ったらよいのでしょうか...

NEW

介護現場がノータッチの“死後”のこと…“死の質”を高めることこそ重要ではないか

社会福祉士の吉川美津子です。福祉といっても、高齢者・障害者・児童・地域・低所得...