NEW
【報道ピックアップ】「会話についていけなくなる前に」(9月22日)

AKBあっちゃんと大島優子の“合コン”スクープ場所に関するウワサ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あっちゃんが人気俳優に「お姫様抱っこ」されていた
のでは? と報じる「週刊文春」(文藝春秋
/9月20日号)
日々忙しいビジネスマン&ウーマンに代わり、世に溢れるメディアの中から、知れば“絶対に”人に話したくなる報道や記事を紹介。日常でなんとなく耳にするあのニュース・情報の裏側や、テレビなどでは報じられないタブーに迫ります!

【今回ピックアップする記事】
『「人形遣い」の錬金術 時代の寵児 「秋元康」研究 「AKB48」の原点となった「振り込め詐欺」の金!』
(週刊新潮<新潮社/9月20日号>)
『前田敦子 深夜の「お姫様抱っこ」 相手は映画「るろうに剣心」のあの人気俳優』
(週刊文春<文藝春秋/9月20日号>)

 どうやら大手メディアにはどこからか圧力がかかったのかとすら、勘ぐってしまう。報道すらされず、このまま鎮火してしまいそうな感じです。タイトルに【第1回】とあったのですが、第2回、第3回の追従弾を仕込んであるという展開が好ましいわけですが、新潮さん、そのあたりどうなんですか?

 これ、なんの話かというと、「週刊新潮」にoffice48という会社が抗議文を送る予定だという話。

 なぜ送ったかというと、9月20日号の新潮に掲載された、『「人形遣い」の錬金術 時代の寵児 「秋元康」研究 「AKB48」の原点となった「振り込め詐欺」の金!』と題した特集記事が掲載されたことに端を発します。(なんとも、興味を惹くフレーズの全部乗せという感じですが……)

 この記事では、話は2006年のAKS創設時にまでさかのぼります。ちなみに、AKSというのは、AKB48の運営会社であり、劇場公演からテレビ出演まで、すべてを仕切る会社であり、先日の東京ドーム公演の主催もこの会社です。さらに、会社名のAKSは、3人の創業者である、秋元康氏の「A」、窪田康志氏の「K」、芝幸太郎氏の「S」を合わせたものとなっているというのは、知ってる人は知ってるネタです。

 そして、今回の「新潮」の記事は、「S」こと芝氏の経歴に注目した内容となっています。要約すると、「芝氏が胡散臭い」という話です。芝氏は、高校卒業後に就職した会社を2カ月で退職し、その後再就職したのが、あの悪名高き商工ファンド。強引な取り立てで自殺者まで出し、社会問題化したことを覚えている人も多いのではないかと思いますが、そこで芝氏はメキメキ頭角を現し、順調に出世します。

 そして独立後は、記事によれば想像を絶するほどのあこぎな商売をしていたらしく、“詐欺”といわれてもおかしくないようなことにまで手を伸ばしていたとのこと。同時に違法カジノも経営していて、ここに通い詰めていたのが「K」こと窪田氏。ここで、「K」と「S」が繋がります。

「48」の名前の由来

 04年7月、モデルを集めて芸能関係の仕事をするということで芝氏が設立したのがoffice48。その直後、窪田氏から芝氏に持ち込まれた「アイドル発掘プロジェクト」こそ、秋元氏が考えていたAKBビジネスの原型で、一緒にやらないかという話になったというのです。その時に、オーディションで人集めの事務局として使われたのがoffice48で、この時から「48」という数字は、さまざまな場面で使われるようになり、最終的にはAKB48というグループ名になります。