NEW
リブセンス村上太一氏の新しいビジネス

グリー田中氏を超えた! 25歳の東証1部上場社長が誕生

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

post_734.jpg
おしゃれなイラストが目印。(「リブセンスHP」より)
 10月1日、東証1部に最年少の創業社長が登場する。25歳11カ月。求人情報サイト運営会社、リブセンス(東京・渋谷)の村上太一社長である。東証マザーズから東証1部に、一気に昇格。東証1部上場企業の創業社長として最年少記録を更新することとなった。

 これまでは33歳で上場を果たした携帯向け交流ゲームサイト運営会社、グリー(東京・港)の田中良和社長が最年少だった。

 村上氏は2011年12月7日、マザーズに上場したときは25歳。最年少で上場会社の社長になったとして話題を集めたが、わずか10カ月で東証1部にスピード昇格。これまた最年少社長の記録を塗り替える。

 最年少上場の記録を次々と更新する、いわばゴールドメダリストである村上氏は、東証1部上場の御祝儀をたっぷりと手にする。

 リブセンスは10月1日、1部上場に際して48万6600株の株式を売り出す。売出価格は1株3709円。村上氏は保有している208万1800株(発行済み株式の60.34%)のうちから40万7500株を放出して、しめて15億1141万7500円也がフトコロに入る。これぞ株式売り出しの醍醐味。上場会社のオーナー社長だからこそできる錬金術だ。

 村上太一氏は86年10月27日、東京で生まれた。経営者だった両祖父にあこがれ、子供の頃から社長になることを意識していた。早稲田大学高等学院在学中から起業のための準備を始め、簿記検定2級を取得したほか、情報処理技術者試験にも合格。05年4月、早稲田大学政治経済学部経済学科に入学した。
 
 大学1年生の時に、同大学の「ベンチャー起業家育成基礎講座」が実施したビジネスプランコンテストで優勝した。学生・教職員によるベンチャー企業の立ち上げを支援する目的で01年に設立された早稲田大学インキュベーション推進室が、このコンテストを主催した。

 アントレプレナー(起業家)としてお墨付きを早稲田大学から得た彼は、翌06年2月、リブセンスを設立。4月からアルバイト情報を掲載するウェブサイト「ジョブセンス」を開設した。19歳の学生起業家の誕生である。社名のリブセンスは直訳すると「生きる意味」となる。

●『リブセンス』常識破りの経営術

 リブセンスは、あまたあるネット広告会社の常識を覆した点がユニークだ。

 ネットの求人広告は、求人する側が広告料を支払って広告を掲載する。広告を取るための営業力や運営するサイトの集客力が重要だった。