NEW

揺れるミクシィ、「再生完了」は本当か?1年で社長交代、株価乱降下、リストラ…

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミクシィ本社が所在する住友不動産渋谷ファーストタワー(「Wikipedia」より/Harani0403)
 異様な社長交代の風景だった。交流サイト大手のミクシィは、朝倉祐介社長(31)が6月24日付で代表取締役社長を退き、顧問になる。後任には森田仁基執行役員(37)が昇格する。

 朝倉氏は2月13日、記者会見で今回の社長交代について「ミクシィは事業再生フェーズを完了し、成長フェーズに移行する。ノーアウト満塁でマウンドを任された投手として、やるべき仕事はやれた。再生には3年かかると想定していたが、1年前倒しで達成できた。再成長に向けてサービス寄りの人間をトップに置く」と説明した。

 ミクシィは2014年3月期通期の業績予想を上方修正した。スマートフォン(スマホ)向けゲーム「モンスターストライク」(モンスト)が好調で、売上高は前回予想(昨年10月発表)から35億円増額し115億円に、16億円の赤字としていた営業利益を2億円の黒字に修正した。最終損益の赤字幅は22億円改善し、3億円の赤字にとどまる。営業段階で黒字化する見込みが立ったことで社長を交代するというのが、会社側の公式見解である。

 だが、13年3月期決算と比較すると、売上高、営業利益は減っており、最終損益は赤字というかたちに変わりはない。業績が回復したとは言い難い状態だ。いかにもとってつけたような社長交代の理由で説得力がない、との見方が広まっている。

●緊急登板した新社長

 ミクシィは13年4~6月期に2億円の最終赤字に転落するなど業績不振に陥り、創業社長の笠原健治氏(38、現会長)から再生を託されて同年6月に社長に就いたのが朝倉氏だった。30歳という若さ、競馬騎手の養成学校を経て東京大学法学部卒、コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーという異色の経歴がメディアを賑わせた。朝倉氏がミクシィに入社したのは11年10月。自身が立ち上げた携帯アプリの開発支援会社ネイキッドテクノロジーがミクシィに買収されたからだ。12年4月に社長室室長に就き、ミクシィの経営再建に携わってきた。

「起業家精神に満ち、1を10に育てる適任者」と、前社長の笠原氏から評された朝倉氏はマッキンゼー仕込みの経営手腕を買われて、ピンチに緊急登板したわけだ。「ギラついたミクシィを取り戻す」。社長昇格の会見でこう宣言した朝倉氏は改革を進めた。結婚相手や友達、恋人探しができるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)会社など3社を立て続けに買収。業績回復の立役者となったスマートフォン(スマホ)向けゲームの「モンスト」も社内の打ち合わせルームから生まれた新規事業の1つだ。

 だが、事業のリストラクチャリングが思わぬ波紋を呼んだ。昨年11月、約30人の正社員が突然、研修部屋という名のリストラ部屋に移されたという報道が流れ、騒動となった。荒々しい手法でリストラに取り組む朝倉氏は、ミクシィの社風には合わなかったため、社内では疎まれていたという声も聞こえる。朝倉氏の後ろ盾は、発行済み株式の53.8%を保有する会長の笠原氏だったが、「人員削減をめぐって笠原氏との関係がギクシャクした」とも取り沙汰された。「ミクシィを再生させたという経歴を高く売るなら、今が潮時と考えたのではないのか」と指摘するインターネット業界関係者もいる。