NEW

白元破たん、老舗日用品メーカーはどこで“誤った”? 3代目社長の暴走と、ずさんな財務

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「白元 HP」より
「売家と唐様で書く三代目」--。この諺を地でいったのが衣服用、防虫剤「ミセスロイド」で知られる日用品メーカー白元(東京・台東区)の鎌田真社長(47)である。真氏は創業者・鎌田泉氏の孫にあたるが、今回、粉飾決算が発覚して老舗企業を経営破綻させた。白元は5月29日、東京地裁に民事再生法の適用を申請。負債総額は255億円(14年3月31日時点)に上り、真氏は引責辞任し、6月1日付で取締役の間瀬和秀氏が社長代行となった。7月末までにスポンサーを決める。

●非上場ながら高い知名度

 白元の創業は1923(大正12)年。泉氏がナフタリン防虫剤の製造をはじめた鎌田商会がルーツだ。戦後の50年に株式会社に改組した後、72年に商品名の白元に商号を変更した。防虫・防臭で事業を拡大させ、衣服用防虫剤「パラゾール」をはじめ冷蔵庫用脱臭剤「ノンスメル」、使い捨てカイロ「ホッカイロ」、衣服用防虫剤「ミセスロイド」、保冷枕「アイスノン」など息の長いヒット商品を次々と生み出し、非上場ながら知名度は高かった。

 その泉氏の孫である真氏は、慶應義塾大学経済学部を卒業して第一勧業銀行(現みずほ銀行)に入行。日比谷支店勤務などを経験したが、91年に白元に入社した。96年には米ハーバード大学ビジネススクールでMBA(経営学修士)を取得した後、98年に白元の取締役マーケティング部長に就任。ゴキブリを泡で包み殺す「ゴキパオ」、レンジで温める湯たんぽ「ゆたぽん」などのヒット商品を世に出した。常務取締役、副社長を経て2006年4月に社長に就任した。

 00年に大正製薬から家庭向け殺虫剤「ワイパア」ブランドの営業権を取得し、殺虫剤事業にも参入。社長に就いた真氏はM&A(合併・買収)で医療衛生品や入浴剤メーカーを傘下に収め、防虫剤メーカーから総合日用品メーカーへと脱皮を図った。10年3月期には売り上げ332億3700万円を計上している。株式公開を目指した時期もあった。

●ずさんな財務

 だが近年は、主力の防虫剤市場でエステー(東証1部上場、鈴木喬会長)に押されるなど競争激化で業績が伸び悩み、財務状態が悪化した。13年3月期には保冷剤部門の猛暑による在庫不足に加え、他社の新規参入の影響もあって大幅な減収になり、売上高は304億8600万円に落ち込んだ。この結果、3億6900万円の赤字となった。

 再建を目指して13年5月、住友化学に対し第三者割当増資を実施。住友化学は白元株式の19.5%を保有する筆頭株主となった。経営再建策の一環として今年1月、使い捨てカイロ「ホッカイロ」の国内販売事業を医薬品メーカーの興和(名古屋市)に譲渡した。この事業譲渡に先立ち、興和から売掛金や在庫を担保に譲渡代金の一部を前借りしていたことが判明。資金繰りに追われる実態が明らかになった。

 相前後して同社のずさんな経理処理が発覚した。東京商工リサーチによると、決算内容に信憑性の問題が浮上したのに伴い、取引金融機関と支援策について協議を重ね、金融機関に14年3月末から6月末まで借入金の返済猶予を要請していたという。5月には監査法人によるデュー・デリジェンス(財務内容の審査)が行われる事態となった。産業再生機構の元COO(最高執行責任者)の冨山和彦氏が率いる経営共創基盤が再生計画を策定し、銀行団との交渉を引き受ける案も浮上したが、経理処理があまりにすざんだったため、手を引いたとみられている。結局、金融機関との再建案がまとまらず民事再生法申請による会社再建を目指すことになった。