NEW

イオンに屈したダイエー 流通王国崩壊を招いた、中内功の人間不信と“血への執念”

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエーの店舗(「Wikipedia」より/Kirakirameister)
 ダイエーの発行済み株式のうち44.15%を保有するイオンは9月24日、ダイエー株主にイオン株を割り当てる株式交換方式で完全子会社化すると発表した。昨年イオンがダイエーの経営権を握るまでの筆頭株主で、現在も4.99%を持つ丸紅と交渉中だという。2014年2月期末のダイエーの個人株主は12万人で、ダイエーは年内に臨時株主総会を開いて3分の2以上の賛成が必要な特別決議を行い、来春に株式交換を実施。東証1部上場も廃止する。

 ダイエー系列の「ダイエー」「グルメシティ」の店舗数は約280店(8月末時点)。関東や関西にある店舗は食品スーパーに特化し、北海道と九州の約60店舗は別のイオングループに移管。また、18年度をメドに「ダイエー」の屋号をなくす。

 1970~80年代には日本最大の小売業にまで上り詰め、流通業界のリーダー的存在として君臨したダイエー転落の遠因としてよく挙げられるのが、中内功元会長が太平洋戦争フィリピン戦線で味わった苛烈な飢餓体験である。人肉食いの噂が常につきまとう戦場から奇跡的に生還した中内氏は、他人を信用できなかった。人間不信から、傅氏、力氏ら弟たちをはじめ有力幹部を次々と放逐。東京・大田区田園調布の豪邸の近くに、長男・潤氏、長女・浅野綾氏、次男・正氏の家を建て、中内家が住む一帯は“ダイエーの天領”と呼ばれた。

●中内王国の瓦解


 血の継承にもこだわった。潤氏をダイエー副社長に就け、正氏にはプロ野球球団・福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)オーナー代行の座を与えた。潤氏を流通部門、正氏をレジャー部門のトップに据えて中内王国を盤石なものにすることを目指した。

 1989年1月、潤氏は33歳でダイエー副社長に就き、欧米に多く見られる倉庫型の低価格店、ハイパーマートを導入した。店舗にかけるコストを徹底的に削減し、低価格を実現する。天井は鉄骨むき出しだ。利用客は大型ショッピングカートに商品を乗せて、出口ゲートを兼ねたレジで代金を支払う。潤氏は「安くすれば売れる」と信じていた父の考えの信奉者だった。香川県坂出市に出店したハイパーマートはトイレに便器を使わず、コンクリートを打ちっぱなしにした。しかし、こうした斬新な店舗は、日本の消費者には受け入れられなかった。時代が変わり、食品スーパー市場はすでに買い手市場になっていることに中内親子は気づかなかった。失敗が明らかになっても潤はハイパーマートを猛烈な勢いで出店し、その数は36店に上ったが、いずれも巨額な赤字を垂れ流した。その結果、既存店の設備更新に手が回らず、老朽化が進んだ。

 再建のキーマンとして2001年に副社長に迎えられた平山敞氏は、「どうやったらダイエーをこんなに悪くできたんだ」と昂然と言い放ったという。平山氏は潤氏を後継者に据える中内氏と対立して、一度はダイエーを去った男だ。潤氏が事実上のトップとして君臨した期間は、ダイエーの「失われた10年」だった。2人の息子に託した中内王国は、一瞬にして瓦解した。