NEW

サントリー、講談社に激怒で広告料不払い&出稿停止検討?広告ページ直後にマッサン礼賛記事

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『マッサン』公式サイト(「NHK HP」より)
 ニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝と妻リタをモデルにしたNHK連続テレビ小説『マッサン』の放送が9月29日から始まったが、ニッカのライバルであるサントリーホールディングスが「異常に神経を尖らせている」(マスコミ業界関係者)との噂でもちきりだ。「すでに広告掲載をめぐって講談社と激しい“場外戦”を繰り広げている」(同)というから、メディア各社は『マッサン』の扱いに苦慮することになりそうである。

 大ヒットした今年度前期の連続テレビ小説『花子とアン』の余勢を駆って、『マッサン』に対する視聴者の関心は高い。朝ドラ史上初めて純外国人をヒロインにした同作は話題になっており、初週から5週連続で週間平均視聴率が20%を超えるなど、現在まで好調をキープしている。ドラマの影響は主人公ゆかりの地にも及んでおり、放送開始前からニッカ創業地である北海道余市町の余市蒸溜所には、例年より多くの見学客が訪れているという。

 だが、ニッカとの間で激しいウイスキー戦争を繰り広げてきたサントリーにしてみれば、“マッサンブーム”は面白いはずがない。講談社関係者はこう明かす。

「8月25日発売の『週刊現代』(講談社)で、サントリーから角ハイボールに関する2ページのカラー広告の出稿があった。しかし、この広告の次ページから、『我が社に伝わる秘宝』とのカラー企画を掲載したのだが、この中でニッカを大きく2ページにわたって取り上げ、写真も大きく掲載した。事実上、ニッカのPRと受け取られても仕方のない構成だったのだが、これがサントリーの逆鱗に触れてしまった」

 問題のカラー企画記事は、竹鶴を「ウイスキーの父」、ニッカを「ジャパニーズウイスキーの原点」とたたえ、「竹鶴夫妻はNHKの朝ドラ『マッサン』のモデル」と紹介している。「日本で最初にウイスキーを生み出したのは、大阪で前身の『寿屋』を立ち上げ、竹鶴を一時丁稚奉公させていた鳥井信治郎である――という自負のあるサントリーにしてみれば、到底容認できる内容ではない」(広告業界関係者)。しかも自社が出稿した広告の隣に面当てのようにニッカのPR記事が並べられ、サントリーは黙っていなかった。

 講談社筋によると、サントリー側は直ちに「今回の広告費は払わない。御社の媒体には今後、一切広告を出稿しないことも検討する」と講談社に激しく抗議したという。講談社がこれを唯々諾々と受け入れるわけにもいかず、未納の広告費は数百万円になるといわれている。

 前出・マスコミ関係者は今後の展開を「ニッカは朝ドラに乗じて攻勢をかけてくるだろうし、サントリーは広告を盾にマスコミ各社に『ニッカ外し』への圧力をかけてくる可能性が強い」と予想している。

 NHKとニッカにすれば、『マッサン』が期待通りに当たれば、新聞や雑誌が勝手に宣伝してくれる機会が増えるから笑いが止まらないだろうが、ウイスキーの国内シェア6割を誇るサントリーにとっては大きな打撃となると考えられるため、なんらかのニッカ対策を講じることになるだろう。『マッサン』とウイスキー業界の今後の動きから目が離せない。
(文=編集部)