NEW
老舗学習塾でもお家騒動勃発!

栄光ゼミナール、経営権をめぐるドロドロ劇

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

post_244.jpg
関東地方の人は、結構通ってた人いますよね。「同社HP」より
 『呉越同舟』」とは「仲の悪い者どうしが同じ場所に居合わせること」(広辞苑)――。


 学習塾業界で不可解なM&A(合併・買収)が進行中だ。舞台は、首都圏を中心に約300校、約7万人の小・中学生が学ぶ学習塾「栄光ゼミナール」を展開する、東証2部上場の栄光ホールディングス(東京・千代田、近藤好紀社長)。栄光株式の57.04%を、ライバル同士である東証1部上場の進学会(札幌市、平井崇浩社長)と通信添削「Z会」の持ち株会社、増進会出版社(静岡県駿東郡、加藤文夫社長、非上場)が共同で保有することになった。


 2社は4人を取締役として栄光に送り込む。6月の株主総会以降、栄光の取締役7人の過半数が同業他社からの派遣組となる。栄光は役員受け入れの理由を「経営体制の強化のため」と説明していた。


 4月27日、栄光のもとに進学会と増進会から株主提案が届けられた。両社が取締役を2人ずつ、計4人を派遣するという内容だ。進学会グループが29.46%、増進会出版社が27.58%保有していた栄光株式を、同日、共同保有形式に変更、発行済み株式の過半の57.04%を握ったことになる。


 栄光は、この4年間、トラブル続きだった。発端は創業者兼オーナーである前社長の北山雅史氏(68)と現社長の近藤氏との対立。2008年6月の株主総会で北山氏が事実上、解任された。


 栄光は、北山氏が埼玉大学在学中に1つの教室だけの学習塾を開設したのがルーツ。80年に埼玉・南浦和に栄光ゼミナール(のち栄光)を設立。95年に株式を店頭登録、96年に東証2部に上場。株式市場から調達した資金で、日本最大の学習塾チェーンを築いた。だが、北山氏の個人会社が運営する高級リゾート施設「沼津倶楽部」への資金流用疑惑や、愛人と噂される女性に、その運営を任せていたことを追及され、08年の株主総会で北山氏は社長を辞任、最高顧問に退いた。


 新しい社長になった近藤好紀氏(58)が仕掛けたオーナーの追放劇だった。近藤氏は獨協大学経済学部を卒業、80年に栄光ゼミナールに入社した草創期からのメンバー。これ以降、北山、近藤両陣営に、自称、株のプロが軍師につき、北山氏とその親族が保有している約51%の株式をめぐる虚々実々の駆け引きが繰り広げられた。


 北山氏側の軍師は、大手商社系の投資ファンドが北山氏と一族の株式を買い取って、残りの株式もTOB(株式公開買い付け)を実施して引き受け、経営権を取り戻すというシナリオを描いた。だが、軍師がいわくつきの人物だったため、本来、応援するはずの証券、銀行、商社が、このプランから降りてしまった。


 北山氏は、個人会社で運営する高級リゾート施設の数10億円と言われる巨額借入金の返済を、みずほ銀行に迫られていた。保有する栄光の株式を売却するしかない状況にあった。近藤氏側の軍師はこれに目をつけた。

『高校受験 英単語ゲットスルー1900 エイタンザムライDS』


「あ、遊んでないよ! 勉強だよ!」

amazon_associate_logo.jpg