NEW
日中韓を股にかける気鋭の実業家、べ・ドンチョルに迫る

パソナ顧問の注目韓国人企業家「サムスンなぜ強い?」

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

べ・ドンチョル氏
「サムスン・九州電力・べ・ドンチョル氏、3社ジョイントベンチャー法人設立」(2001年)
「12年サムスングループのHR Workshopで、『SMART サムスン10年』key note講演招聘(アジア未来人才研究所)」(12年)
「人材派遣最大手パソナのアジア戦略を担う、同社グローバル戦略顧問就任」(12年)

 こうした経歴を持ち、日本・韓国・中国のビジネス界を股にかけて活躍し、今、注目を集めているひとりの人物がいる。

 それが、アジアの企業家ネットワーク・ブラックダイヤモンドクラブ代表を務め、現在7社の企業を経営する実業家・べ・ドンチョル氏だ。

 00年には、韓国への日本人観光客数を6割も増加させ、韓国観光産業に貢献したとして、企業家最年少で大韓民国大統領表彰も受賞している。さらに2003年未来人才研究所(AFHI)を設立し、次世代の経営と人材育成について研究し、韓国政府機関である韓国情報化振興院との共同研究も実施している。

 また日本の経団連に当たる全国経済人連合会で、企業家および役員対象のワークショップや講義を開催。2011年には日本で『2030年富の未来図』(フォレスト出版)を刊行し、話題となった。

 日頃から、日本・韓国・中国のビジネス界の橋渡し役としても、精力的な活動を続けているベ・ドンチョル氏に、停滞する日本企業の問題点について聞いた。

刺激のなくなった日本

――そもそも、日本とのビジネスのかかわりは、どのような経緯で生まれたのですか?

ベ・ドンチョル氏(以下、ベ) もともと、韓国で旅行ビジネスを手掛けており、日本旅行や近畿日本ツーリストをはじめ、多くの日本企業とビジネスを行ってきました。さまざまなツアー企画を立ち上げ、韓流ブーム時には、ドラマのロケ地巡りツアーなどをプロデュースし、1年で16万人の日本人観光客を韓国に呼び込むことに成功しました。旅行ビジネスで多くの日本企業と関係を持つ中で、次第にアジアにおけるビジネスの窓口として、コンサルタントの役割を求められるようになりました。01年には、私自身と九州電力、サムスンSDSによる韓日合作法人を設立、日本海に光ケーブルを通し、サッカーワールドカップ日韓戦のリアルタイム配信の実現にも尽力しました。現在は、ビジネスマッチングやアジアでの人材育成を中心に活動しており、現在顧問をしているパソナグループでは、アジアを中心としたグローバル事業のコンサルティングを行っています。

――日本は景気の停滞が続いていますが、日韓中を行き来する中で、日本企業の問題点はどこにあると思いますか?

『富の未来図』


べ・ドンチョル氏の著書

amazon_associate_logo.jpg