NEW
モデルルームの維持費も含まれる?気がつけば予算の倍額で契約…

宣伝・営業経費で50%!?大手ハウスメーカー価格のカラクリ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 昔から日本の戸建て住宅建築費は、世界的にみて高いといわれている。円高という事情もあるが、アメリカやイギリスなどでは、日本の約半分の価格で住宅を手に入れることができる。しかも、家の寿命は日本の3~5倍、日本の住宅よりもはるかに高断熱高気密なので、住環境も快適だ。

 どうして、日本の消費者は、そんなに高い買い物をさせられているのか?

 住宅・公共用エクステリア製品の設計・製造を手がける、傳來工房の橋本和良社長に住宅業界のウラ話を聞いた。

 住宅事情を欧米と比較すると、日本はまだまだ遅れており、住宅価格の年収倍率は、東京の12.9 倍、大阪の9.5 倍に対して、ニューヨークは2.9 倍となっている。

「一坪26万円で家ができます!」といった類の広告を見たことがあるという人も、少なくないだろう。こうした広告をそのまま鵜呑みにすれば、日本の住宅もかなり安そうに見える。坪単価とは3.3平方メートルあたりの価格だが、坪単価×建築面積が必ずしも家の価格とはならない。住宅には坪単価表示において、きちんとした定義づけがないのが実情だ。

 住宅価格は施工部位によって、

 ・本体工事価格(柱・壁・屋根・窓・建具・内外装などの工事)
 ・付帯工事価格(電気・ガス・水道工事・浄化槽などの工事)
 ・オプション工事価格

の3つに大きく分けられる。このうち、本体工事と付帯工事が伴わなければ、家として成り立たない。表示された坪単価には、このうちの付帯公示価格が含まれていないことが多い。

 橋本社長によれば、オプション工事もくせものだという。

「価格表示が曖昧にされています。一般に坪単価を表示した家は、あらかじめ設定したモデルプランがありますが、オプション工事はモデルプランにはない追加・変更プランの工事金額なので、想定外金額として坪単価に含まれません」

モデルルームは1棟1億円

 日本ではテレビで大量のCMを流しているような大手ハウスメーカーに、建築を依頼する人が多い。しかし、そうした大手は、相対的に価格が高いと考えたほうがいい。

 ここで、住宅価格の基本的なコスト構造を説明しよう。

 まず、「実質工事価格」。これは、材料費や職人さんたちの人件費など、工事の原価だ。
 
 次に「下請けマージン」。橋本社長は次のように説明する。

「大手ハウスメーカーは、家を販売するだけで実際の工事はできません。そこで、下請けの工務店に工事を丸投げします。そして、その工務店がさらに下請け(孫請け)の工務店に工事を投げ、孫請けの工務店はさらに下請けの専門業者に工事をさせます。それぞれがマージンを取るので、いらない経費がどんどん増えてしまいます」

『知らないと損する不思議な話』


不思議な不動産の価格

amazon_associate_logo.jpg