NEW
明治創業の老舗企業、マネーゲームに手を出し没落

ずさん工事で橋梁落下事故を起こしたサクラダがついに破産

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

post_1191.jpg
この橋が落ちたのか…。
(「サクラダ HP」より)
 株式市場は生き馬の目を抜く世界だ。

 舞台となったのは東証1部上場の橋梁工事の名門、サクラダ(千葉市、曽田弘道社長)。11月27日、東京地裁へ自己破産を申請、同日破産手続き開始決定を受けた。負債総額は26億9000万円。

 経営が悪化したサクラダは資金調達のため、今年1月27日に第三者割当増資方式の新株予約権の募集を発表。2月24日の臨時株主総会で承認された。新株予約権を引き受けたのは、三田証券(東京・中央区日本橋)だ。サクラダは1億株を発行し、新株予約権の行使価格は1株10円(固定)となっている。引き受ける三田証券は36.61%の筆頭株主になり、サクラダは10億円の資金を調達するというシナリオだった。

 引き受け手の条件がすこぶるよかった。第三者割当増資を決議した直前営業日(1月26日)の終値は32円。10円で引き受けるわけだから、ディスカウント(値引き)率は68.75%。時価より大幅に値引きされた。

 サクラダによると「アドバイザリー(助言・指導)役であるスピードパートナーズ(東京・中央区湊)から三田証券を紹介され、三田証券から新株予約権の提案を受けた」という。

 三田証券は資本金5億円の非上場の証券会社だ。1949年7月の創業で、現社長は三田邦博氏、兜町に本店がある。同社のHPには、「ユニークなアイデアと金融技術を駆使して運用主体と調達主体を結びつける、『直接金融の担い手』としての使命感を持って営業を行っております」とあり、医療機関の資金調達や有価証券・投資信託の担保ローン、さらにはTOB(株式公開買い付け)の代理人になることを業務としている。

 10円で株式転換する際に、株価がもし10円を割っていたら、引き受けた側に損が出る。ここから株価の下落防止の大作戦が展開された。

 三田証券は8月27日までに新株予約権をすべて行使した。サクラダの9月30日時点の大株主上位10位までに三田証券の名前はない。同社は、すでに持ち株を売り切っていたのだ。2月から9月にかけて株価は20円台から10円近辺まで下落していたが、1度も10円を下回ったことはない。三田証券経由でサクラダ株式を売買した投資家は負けなしだったろう。億単位で儲けた投資家(いや投機家)もいたと兜町では推測されている。

 三田証券は、ゴルフ場業界を騒然とさせているPGMホールディングスによるアコーディア・ゴルフの敵対的TOB(株式公開買い付け)の買い付け代理人にもなっている。

 さて、サクラダは社歴の長い老舗の橋梁工事業者だ。1895(明治28)年創業で、1920(大正9)年に法人(櫻田機械製造所)に改組された。本四架橋3ルートのうちのひとつで、85年に竣工した大鳴門橋や、同じ88年に竣工の北備讃瀬戸大橋を造った。首都圏では東京・葛飾区の、かつしかハープ橋などを完成させた。

 89年東証1部に上場。92年3月期には、296億9600万円の売り上げを上げていた。

 しかし、91年3月14日、広島市の新交通システムの工事現場で、長さ63.4メートル、重さ60トンの鋼製橋桁が10メートル下の県道に落下した。この事故では、県道で信号待ちしていた11台の車両が押しつぶされた。市民10人、建設作業員5人の、合わせて15人が死亡、8人が重傷を負う大惨事となった。工事の発注者は広島市、元請会社はサクラダ。この事故が、サクラダ転落の始まりとなった。地方公共団体からの指名停止が相次いだからだ。