NEW

「トクホコーラ」後発サントリーの苦悩 「コカ・コーラ」の動向は?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペプシスペシャル
織田裕二もイメージ一新?
(「ペプシスペシャルHP」より)
 今年、ヒット商品番付にもランクインした特定保健用食品のコーラ系飲料、通称「トクホコーラ」。「コーラ」と「健康」という意外な組み合わせが話題となり、キリンビバレッジが発売した「キリン メッツコーラ」は大ヒット。サントリーも11月に「ペプシスペシャル」を発売し、この市場に殴り込みをかけている。

日本人1人が1本飲んだ計算…キリンのトクホコーラが累計販売数量1億3000万本突破! ー ダイエットクラブNEWS(12月12日)

 4月24日に発売し、2週間で100万ケースを記録した「メッツコーラ」。発売から半年で販売数量は550万ケース・1億3000万本を突破した。これまでコーラといえば若者の飲み物というイメージがあったが、同商品のメインターゲットは30代以上の大人層。キリンでは脂っこい食事を摂る際に一緒に飲まれており、味覚面でも評価が高くなっていると分析している。これまでの小型ペットボトルに加え、秋には1.5リットルの大型サイズを投入し、飲用シーンを拡大したい同社。先駆者のアドバンテージで、後続、サントリー「ペプシスペシャル」を突き放したい考えだ。

「ペプシ スペシャル」発売2週間で年間販売目標を超える130万ケース出荷 ー サーチナ(11月28日)

「メッツコーラ」の大ヒットを受けて、サントリー食品インターナショナルが発売した「ペプシスペシャル」。11月13日に発売し、こちらも売れ行きは上々だ。発売から2週間でメッツコーラを上回る130万ケースを販売し、年内販売目標を当初の100万ケースから、160万ケースに上方修正した。食物繊維「難消化性デキストリン」を配合し、脂肪吸収を抑える効果がある同商品。490mlで158円と、トクホ商品としてはやや安価な価格設定で、30〜40代男性を中心に支持を集めている。同社では、3年後には年間1000万ケースにまで売上規模を伸ばし、サントリーの主力商品として成長させる狙いだ。

サントリーがトクホコーラで敢えて挑む “自社競合”というリスク ー ダイヤモンド・オンライン(11月19日)

 大ヒットとなっている「ペプシスペシャル」だが、サントリーでは、この商品を発売するまでに葛藤があった。

 これまでペプシの主力商品であった「ペプシネックス」はペプシ全体の3分の2を占める販売量だった。だが、そこに侵食してきたのが春に発売されたメッツコーラ。ゼロカロリーの「ペプシネックス」とトクホコーラは、購買層が似ているため、大手小売関係者も「かなりの売上をメッツコーラに奪われている」と証言する。つまり、「ペプシスペシャル」の発売は、「メッツコーラ」への対抗であると同時に、「ペプシネックス」の自社競合を生み出すことをも意味する。

 だが、このまま手をこまねいているばかりでは、メッツコーラの勢いは増すばかり。「多少の自社競合は起きるかもしれないが、トクホのコーラを含めたコーラ市場全体が広がる中で、ペプシブランド全体を成長させていきたい」と苦しい決断を迫られたのだった。

 そこで気になるのが、コーラ市場でシェア首位を誇る日本コカ・コーラの動き。業界関係者は「ペプシネックスがシェアを失ったら、最も得をするのは同じカテゴリーでペプシネックスとシェアを争うコカ・コーラ・ゼロ」と、コカ・コーラ社の静観を解説する。トクホコーラ市場の確立は、コーラ業界の再編にまで発展する可能性を含んでいるのだ。