NEW

『失恋ショコラティエ』にハマる中年男女が炎上?松潤&石原さとみがヤバい、癒される…

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『失恋ショコラティエ』公式サイト(「フジテレビ HP」より)
 今クール(1~3月期)の連続テレビドラマで、若者の恋愛を描く『失恋ショコラティエ』(フジテレビ系/毎週月曜夜9時放送)が、第1話(1月13日)放送終了直後から主演の松本潤(アイドルグループ・嵐)、石原さとみをめぐり一部インターネット上などで「ショコ潤の興奮が収まらず」「さとみちゃんが可愛過ぎる」などと話題を呼んでいるが、中年世代の間でも「おじさんなのに、なぜかハマってしまった」「中年の私を癒してくれる」などと心を掴まれる人が増えているようだ。


 本ドラマの平均視聴率は第1話14.4%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)、第2話12.7%とまずますの滑り出し。松本演じる小動爽太が、石原演じる高橋紗絵子に失恋した悔しさをバネにフランスの有名ショコラ店で修業を積み、頭角を現し一躍有名になるという設定からスタート。そして爽太が自身の店をオープンするため日本に帰国すると「チョコレート王子」としてメディアで人気者となり、すでに別の男性と婚約している紗絵子がその活躍ぶりを知り、爽太の前に現れるというストーリーだ。第2話では、爽太と紗絵子がお互いの気を引こうとかけひきを展開するがすれ違い、爽太がモデルの加藤えれな(水原希子)と関係を持ってしまうところまでが放送された。

 そんないわゆる“フジ月九ドラマ”の王道である本格的ラブストーリーだが、連ドラとしては久しぶりに毎週本ドラマを観ているという40代男性は、その魅力を次のように語る。

 「職場の女の子たちが『松潤【編註:松本潤の愛称】のドラマが始まる』と盛り上がっていたので、何気なしに観たらハマった。恋愛モノのドラマを観るのは久しぶりだが、『昔はよくこういうドラマ観てたな』と思い出されて、かえって新鮮に感じられた。女性に振られた悔しさをバネにがんばって成功し、有名になってもいまだにその女性に想いを寄せるという設定が共感できる。加えて、爽太に片思いする薫子(水川あさみ)、まつり(有村架純)に片思いするオリヴィエ(溝端淳平)、そして同性の爽太に恋愛感情を抱く有名ショコラティエ・六道誠之助(佐藤隆太)など、イケメン俳優と美人女優らの織りなす複雑な恋愛関係も面白く、演出が全体的に華やかなのも良い」

 同様に出演する女優たちをドラマの魅力のひとつとしてあげる声はほかにも聞かれ、石原ファンだという40代男性は次のように話す。

 「石原はこれまで連続ドラマでは『ヴォイス~命なき者の声~』(フジテレビ系/09年放送)、『リッチマン、プアウーマン』(同/12年放送)のように、恋愛には疎くあまり可愛げがない役が多く、今回のようなぶりっ子な恋愛好きでしかも悪女という役は少ない。本ドラマではいつもとは違った石原を観れるのが嬉しい。特に第2話冒頭で爽太の店を訪れた紗絵子がフェロモン満開で爽太に声をかけるシーンや、わざと店内に傘を忘れ爽太と話す機会をつくろうとするが、薫子が傘を持ってきてしまい、一瞬いやな目つきで薫子をにらむシーンにはゾクっとした」