NEW
「だから直接聞いてみた forビジネス」

汗ダラダラ…満員電車の暖房、なんとかなりませんか?神技的温度調節の秘密が発覚!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京王線の車両(「Wikipedia」より/市川太一)
 この連載企画『だから直接聞いてみた for ビジネス』では、知ってトクもしなければ、自慢もできない、だけど気になって眠れない、世にはびこる難問奇問(?)を、当事者である企業さんに直撃取材して解決します。今回は林賢一氏が、満員電車の空調に関する謎について迫ります。

【今回ご回答いただいた企業】
京王電鉄

 ギュウギュウ詰めの満員電車で汗が止まらない。そんな経験はないだろうか? 

わたしは結構ある。準備不足のわたしが悪いのだが、ダウンジャケットやコートを着たまま車内に突入してしまい、人に挟まれて身動きがとれずに暑くなって汗がダラダラ流れる。こんな状況が多々ある。

 もちろん電車に暖房があるのはありがたいことで、「暑い」などと文句を言う気は毛頭ないのだが、満員の時には少し考慮してほしいと思う。設定温度を下げてもいいのではないだろうか。気づかないだけで、実際は下げているのだろうか? うーん、気になる。

電車の温度管理

 そこで、京王電鉄様に直接聞いてみた。

「電車が満員の時には、温度調整しているのですか?」

担当者 はい。ラッシュの時間帯は暖房を切っていることが多いです。特に上り(新宿方面に向かう電車)は切ることが多々あります。また、車内のすく日中はさすがに寒いので、暖房を入れることが多いです。

--設定温度は、どのようになっているのですか?

担当者 暖房の場合、車内の設定は20度程度になっています。管理は基本的にオートで、スイッチのON・OFFを切り替える以外に、人的な調整はしていません。空調は上から出て、暖房は足元のヒーターから出ているのですが、車内が暑すぎる場合には、ラインデリアという扇風機で室内の空気を循環させることもあります。

--なるほど。暖房をつけながら、扇風機みたいなもので空気を循環させているイメージですか?

担当者 暖房と扇風機を同時に使用することはありません。例えば、冬場に車内の空気が悪くなった場合には、暖房を切って空気の循環をすることがあるとお考えください。ちなみに、お客様が暑く感じる時間帯というのは何時頃でしょうか?