NEW

グリー、忍び寄る「危機」の足音 初の赤字転落、大量リストラ、ヒット作不発…

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グリー本社が所在する六本木ヒルズ森タワー
(「Wikipedia」より)
 ゲーム業界は浮き沈みが激しい。2012年にリリースされたモバイルゲーム、ガンホー・オンライン・エンターテイメントの『パズル&ドラゴンズ』のブームは一巡し、今では代わってミクシィの『モンスターストライク』(13年リリース)が快進撃中だ。

 浮き沈みを劇的に演じたのがグリーだ。飛ぶ鳥を落とす勢いで伸びてきたが、業績が急降下している。同社の15年6月期連結決算は惨憺たるものだった。売上高は前年同期比26.4%減の924億円、営業利益は42.2%減の202億円、最終損益は103億円の赤字(前期は173億円の黒字)。08年12月に上場して以来、初の最終赤字となった。

 2月に発表した15年6月期通期予想では、最終損益は10億円の黒字としていた。一転して巨額赤字に転落したのは、11年と12年に傘下に収めた米国ゲーム会社3社で、351億円の減損損失を計上したからだ。

 米国でモバイル向けゲームの制作を手掛けるファンジオの業績は想定を下回った。既存タイトルの売り上げが低迷した上に、新規タイトルのリリースを中止したことから、同社を12年5月に買収した際に計上したのれん代などの減損損失を142億円計上した。米国のもう1社はスマホ向けのプラットフォーム運営のオープンフェイントで、90億円を減損処理した。

 グリーの今期業績も厳しい。15年7~12月期(6カ月間)の業績見通しは、売上高が前年同期比26.3%減の365億円、営業利益は46.0%減の60億円、最終損益は35億円の黒字(前年同期は41億円の赤字)とした。16年6月期通期の業績予想は開示しなかった。

コンプガチャ禁止の影響


 グリーは『釣りスタ』や『探検ドリランド』など、自社のプラットフォーム上で提供するブラウザゲームで急成長を遂げてきた。12年6月期の売上高は前年同期比2.5倍の1582億円、営業利益は2.6倍の827億円、最終利益は2.6倍の479億円を計上した。

 急成長をもたらしたのは交流型ゲームの新商法、コンプガチャである。1回100円から500円程度を払うと、ゲームで使うアイテムが当たる仕組みになっている。特定のアイテムをそろえるとレア(希少な)アイテムが入手できる。これがコンプリート(コンプ)ガチャだ。

 例えば釣りゲームの場合、無料ではすぐ折れる釣り竿しか使えない。通常のアイテム課金だと、普通の釣り竿が買える。これがガチャ課金になると、すぐ折れる釣り竿が出てくるか、絶対に折れない釣り竿が出てくるか、出てくるまでまったくわからない仕組みになっている。気に入った釣り竿が出てくるまで、ガチャを繰り返し、子供が何万円も使ったりした。その結果、テレビCMでは無料を謳っているのに高額利用料を請求されたという相談が、親から全国の消費生活センターに殺到。ガチャで5万円、10万円請求されたという相談が急増した。