NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

不倫の渡部建、性欲異常亢進「サチリアージス」の可能性…女性の征服に快感か

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】

, ,

不倫の渡部建、性欲異常亢進「サチリアージス」の可能性…女性の征服に快感かの画像1
渡部建

 お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建さんが複数の女性との不倫について事実関係を認めていると「文春オンライン」(6日10日配信/文藝春秋)で報じられた。渡部さんはすでに9日に民放各局にレギュラー番組の出演自粛を申し出ている。

 渡部さんは2017年に美人女優の佐々木希さんと結婚しており、1歳の長男もいるため、「あんなきれいな奥さんがいてなぜ浮気するのか」という声が上がっているようだ。

 しかし、たぐいまれな美貌の持ち主が周囲から称賛され、羨望の的になることは、1人の男性から愛され続けることとはまったく別物だろう。実際、いくら美人でも、男性から愛されず、なかなか幸せになれない女性も少なくない。

「美人は幸せになれない」というジンクスもある。このジンクスには、世の大多数の“不美人”の妬みやひがみ、さらには願望が入り交じっているように見えなくもない。それでも、過去の歴史を振り返ると、その美貌ゆえに男性の欲望に振り回されたり、陰謀に巻き込まれたりした女性がいることは否定しがたい。

美人妻を持ちながら不倫を繰り返す男性の特徴

 美人妻を持ちながら、看護師や医局秘書などと不倫を繰り返す男性医師は少なくない。彼らを身近で観察していて、私は次の3つの特徴に気づいた。

1)女性を顔で選ぶ

2)女性を征服することに「狩り」のような快感を覚える

3)それだけモテる

1)女性を顔で選ぶということは、妻や恋人を一種のステータス・シンボルとみなす傾向が強いということである。もしかしたら、渡部さんにとって、15歳も年下の美人妻は、自身の成功の証であるトロフィー・ワイフだったのかもしれない。そういう男性は、外にもっときれいな女性がいたら、その女性に気持ちをそそられやすい。

2)女性を征服することに「狩り」のような快感を覚える男性からすれば、結婚した時点で「狩り」は終わる。当然、「釣った魚に餌はいらない」という心境になりやすく、今度は次の「狩り」に乗り出す可能性が高い。

 美人と結婚できるのは、容姿にせよ、学歴にせよ、収入にせよ、3)それだけモテる要因を持っているからだろう。当然、周囲の女性が放っておかない。とくに渡部さんは容姿に恵まれているうえ、テレビにもよく出ている売れっ子芸人で、顔も名前も知られている。

 しかも、不倫相手の女性からすれば、渡部さんを寝取ることで「あの美人女優の佐々木希に勝った」という勝利感を味わえる。だから、佐々木さんの夫であるということも、むしろ渡部さんがモテる要因になったかもしれない。

「サチリアージス」の可能性

 見逃せないのは、渡部さんが複数の女性と不倫関係にあったことである。50歳を前にしてこれだけ“お盛ん”なのだから、「サチリアージス」の可能性も考えられる。

関連記事