小黒一正教授の「半歩先を読む経済教室」ニュース一覧

(90件)

出生数50万人割れ、政府予想より20年前倒しとなる可能性

周知のとおり、日本は世界における少子高齢化のトップランナーである。65歳以上の...

日銀が国債を買いオペしても政府債務が減少しない簡単な理由

財務省の資料「国債等の保有者別内訳」(令和3年9月末<速報>)によると、国の借...

NEW

国民医療費、長期的に減少の可能性も―名目GDP成長率との調和も重要―

高齢化が進むなかで医療費は膨張を続けているが、中長期的に本当に医療費は増え続け...

減価するデジタル通貨で出産手当てを支給し、出生数の引き上げを

日本経済が抱える問題は様々だが、最も大きな問題は人口減少であろう。人口減少は賦...

韓国、すでに日本を一人当たり購買力平価GDPで追い抜き…数年内に名目でも逆転か

「1990年以降、日本経済の低成長が恒常化し、格差が拡大しているのではないか」...

NEW

革新的な高額医療機器の保険適用と財政との調和、再検討が必要な時期に

急速なデジタル技術の発展により、革新的な医療機器を公的医療保険にどう取り込み、...

NEW

「ゼロ金利下なら財政再建は不要」は正しいのか?財政再建目標をPB黒字化に変更した弊害

デルタ株による感染拡大でコロナ禍が継続し、財政赤字が一層拡大するなか、それが今...

NEW

衆議院の議席配分、大幅に変更、2075年に「30増30減」?東京は15増、関西圏は増加せず

人口減少が急速に進むなか、選挙制度で最も大きな懸案になっているのが「一票の格差...

NEW

「コロナショックはリーマンショックを超えた」報道は、なぜ間違っている?GDPの読み方

新型コロナウイルスの第4波により、日本国内の感染が概ねイギリス型(N501Y)...

NEW

日本の物価が上昇しない隠れた理由…「金融政策」ではなく「政府の価格統制」が原因

先般(2021年4月27日)、日銀は定例の金融政策決定会合を開催した。この決定...

NEW

「出生率」の知られざる現実…東京都の一部で出生率上昇という事実から学ぶべきこと

厚生労働省が公表した「人口動態統計」(2021年2月22日・速報値)によると、...

NEW

政府の財政試算、現実との乖離が恒常化…精度向上の仕組みが必要

菅義偉政権が掲げる政策の目玉は「デジタル庁」の創設であり、コロナ禍のなか、いま...

NEW

コロナ経済対策、歪む財政…短期国債急増で自転車操業、国債市場の不安定化が懸念

2021年1月7日、菅義偉首相は東京など1都3県に対する緊急事態宣言を再び発令...

NEW

2020年7-9月期GDP速報値を読む―コロナ第3波と正念場の日本経済

先般(2020年11月16日)、内閣府は「四半期別GDP速報」(2020年7-...

NEW

IT予算の8割が維持管理費…「デジタル政府」が延々と進まない本質的理由と3つのポイント

菅義偉・新政権が掲げる一丁目一番地の政策は、「デジタル庁」の創設だ。この政策が...

NEW

安倍政権下で進行していた「日銀の異次元緩和」の“手仕舞い”…再び急膨張する日銀資産

第2次安倍政権は、7年8カ月という歴代最長になりその幕を閉じたが、アベノミクス...

NEW

内閣府「中長期の経済財政試算」、可能性の低いTFP上昇率を前提…現実的試算が必要

新型コロナウイルス感染が再び全国的に拡大し始めている。図表1は、2020年7月...

NEW

待ち受ける「コロナ対応で発生した債務処理」と「財政健全化」という2つの難題

新型コロナウイルスの感染拡大は、日本を含む世界の社会活動や経済活動に大きな影響...

NEW

新型コロナ・V字回復プロジェクト…全国民が定期的に感染状況を検査で確認できる体制が重要

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大は、我々の社会に深刻な影響を及...

NEW

【新型コロナ緊急対策】現金給付、世帯別「現金給付」の諸問題…不公平性や賃金操作の可能性

今回の新型コロナウイルスの感染拡大が日本経済に及ぼす影響を把握するためには、大...

NEW

新型コロナウイルスに関する一考察(小黒一正/法政大学経済学部教授)

新型コロナウイルスが日本経済に及ぼす影響を検討するためには、データ制約があり容...

NEW

中国、世界の防衛産業ランキングで躍進…米中対立が深刻、経済規模が逆転目前か 

中国やインドなどの台頭に伴い、もはや日本は経済大国の地位を失い始めている。その...

NEW

日本の少子化、報じられない本当の理由…生産年齢人口維持には移民3233万人必要?

2020年(令和2年)という新たな年が始まった。いま日本経済は「人口減少・少子...

NEW

公立病院424再編リストが問いかけるもの…医療関連負担に圧迫される地方財政

国の債務残高は1100兆円を超えており、国の財政は厳しいが、その主な原因は恒常...

NEW

公的年金の「暗黙の債務」、15年間で1.6倍の1110兆円に-将来世代にツケ先送りか

政府部門の債務残高は約1000兆円超に達し、財政の持続可能性を脅かしているが、...

NEW

「基礎年金30%カット」の衝撃…国民年金と厚生年金の財政統合も解決策の一つか

我が国の公的年金制度の最大の問題は、老後の防貧機能を堅持しながら、年金財政の持...

NEW

なぜ財政再建計画は失敗するのか?前提のGDP成長率、過去24年間平均の9倍に設定

先般(2019年7月31日)の経済財政諮問会議において、内閣府は「中長期の経済...

NEW

マクロ経済スライドにより年金給付4割減の可能性も、給付水準を取り戻す解決策

金融庁の報告書「老後2000万円不足」という試算が波紋を呼んでいる。年金だけで...

NEW

MMT(現代金融理論)が見落としているもの…財政の民主的統制の難しさ

ニューヨーク州立大のステファニー・ケルトン教授などが「MMT(現代金融理論)」...

NEW

「複職の権利」創設を目指して…週1日は別企業、1日2社で勤務など多様化の重要性

「所得」とは「所(ところ)を得(え)る」と書く。人口増加で高成長の経済であれば...

NEW

増税判断と憲法7条による衆議院解散権…諸外国の動きも参考に検討すべき

議院内閣制を採用するイギリスでは、日本と同様、伝統的に首相が下院の解散権を有し...

NEW

今年、5年に一度の年金・財政検証…鍵握る6つの経済前提シナリオの確率を試算

国民年金法・厚生年金保険法において、政府は少なくとも5年に一度、年金財政の健康...

NEW

国債の国内消化の限界はいつ頃か

「平成」という時代がもうすぐ終わろうとしている。我が国の公債残高(国の普通国債...

NEW

異次元緩和が限界、日銀が金融不安定化の懸念認める…地銀の8割が本業赤字

2%物価目標を達成するため、日銀は2013年4月から異次元緩和(量的・質的金融...

NEW

観光戦略を成功に導く方程式とは何か 訪日観光客一人当たり消費額の倍増目標が鍵

政府は成長戦略の一環として、訪日外国人増加による観光業の育成を図るため、訪日外...

NEW

住宅ローン減税の恩恵を最も受けているのはどの階層か…租税原則の公平性を損なう可能性も

日銀の資金循環統計によると、2017年度の住宅ローン残高(金融機関による個人向...

NEW

増加する高齢者の生活保護、将来は100人中6人のシナリオも

少子高齢化や人口減少が急速に進むなか、社会保障費の増加や恒常化する財政赤字で日...

NEW

内閣府の名目GDP成長率予測、的中率は25%しかない

内閣府が推計する名目GDP成長率の予測は、中長期の財政再建計画を含め、さまざま...

NEW

安倍政権、骨太方針は「非整合的」…GDP成長率マイナスなら債務残高の極限発散も

先般(2018年6月)、政府・与党は経済財政諮問会議で「経済財政運営と改革の基...

NEW

膨張する医療費に対処する秘策…後期高齢者医療制度への自動調整メカニズム導入

日本財政は現状でも厳しいが、2025年、団塊の世代すべてが75歳以上の後期高齢...

NEW

国の借金、GDPの3倍へ…内閣府、楽観的な高成長率を前提に試算か:妥当性を検証

今年(2018年)は、2016年度から2018年度の3年間で進めてきた財政再建...

NEW

国の借金「縮小」との中長期試算、内閣府の甘い前提条件…前提を検証する仕組みが必要

1月23日、内閣府は「中長期の経済財政に関する試算」(以下「中長期試算」という...

NEW

債務残高対GDP、25年後に350%超となる確率は約43%

2018年は明治維新から150年目の節目で、かつ、新元号の決定を行う年でもある...

NEW

医療保険制度、抜本的改革の視点 ~ 医療費抑制の「脱政治化」に向けて

2018年度の予算編成では、薬価引き下げや急性期病床の報酬要件の厳格化等により...

NEW

最も所得が低い階層への所得再分配、日本は米国並み水準か

人口減少・少子高齢化や経済のグローバル化が進むなか、日本経済の成長率は低下傾向...

NEW

「所得連動型」奨学金の拡充で、高等教育負担の問題に対応せよ

教育予算の改革について、以下の記事があった。・9月16日付日本経済新聞記事『教...

NEW