NEW
天才ジョブズを生んだのは日本!?

アップル独り勝ちの秘訣は、日本発「ものづくり技術」にあった!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『スティーブ・ジョブス』(講談社/ウォルター・アイザックソン著)

  昨年10月、本人死去のわずか20日後という"絶好のタイミング"で発売された、評伝『スティーブ・ジョブズ』(講談社/ウォルター・アイザックソン著)は、発売初日に10万部増刷が決まるほどのベストセラーとなった。この現象からも、日本におけるジョブズ人気の高さがうかがえるが、実はアップル大躍進の裏には、ジョブズと日本の並々ならぬ関係が影響しているというのは有名な話である。
 
 ジョブズと日本との最初のかかわりは、オレゴン州リ-ド大学在学中に日本の禅に出会ったことだ。彼は若い頃、東洋思想に強い影響を受け、インドや日本を旅行するほどであった。特に1970年代には、カリフォルニア州の禅センタ-に通うほどはまり、そこで日本人の禅僧・知野(乙川)弘文老師と出会い、ますます禅に深く傾倒するようになった。ちなみに91年ジョブズが、当時スタンフォ-ド大学の学生で9歳年下のロ-レン・パウエルと結婚し、その結婚式の司祭を務めたのがこの知野弘文老師であった。

 70年代の米国では、ヒッピ-たちを中心に禅や東洋思想の影響を受けた若者は少なくなかった。しかし、ジョブズの禅への傾倒は、当時の若者に見られた青春時代の通過儀礼などではなく、革新的な商品を絶えず世に送り出す上での、精神的なバックボ-ンとなっていった。

 ジョブズが日本の禅から最も影響を受けたものは、「シンプル・イズ・ベスト」の思想である。この思想は、彼のビジネスやプライベート、生き方そのものにも大きな影響を与えた。後に彼自身、「普通についているモノの中から、真の目的に照らして"実はムダなモノ"を見つけ、取り除くには、能力と勇気が求められる」と語っているように、iPhoneなどシンプルで革新的なヒット製品開発の根底には、ジョブズが日本の禅から学んだ「シンプル・イズ・ベスト」の思想が一貫して貫かれているのだ。

 また、思想だけでなく、日本発「ものづくり技術」も彼に大きな影響を与えていた。「ジャスト・イン・タイム生産」との出会いである。

 ジョブズはアップルコンピュ-タを創業し、主力製品アップルⅡの爆発的人気で大成功を収め、84年に新製品マッキントッシュの発売に当たり、強気の需要予測をした。しかし結果、マッキントッシュは大量に売れ残り、会社は過剰在庫を抱えて赤字経営に陥った。彼は大量のレイオフを行うなど必死に経営再建に努めたが、業績は一向によくならず、倒産寸前にまで陥った。