NEW
伊藤喜之(『バカでも年収1000万円』著者)

"最速出世"のために20代が読むべき5本

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日経読んでも出世はできません!
学歴ナシ、専門スキルなしの状態からベンチャー企業取締役に上り詰め、弱冠27歳で年収1000万円を達成した伊藤喜之氏は、いかにして20代で"最速出世"を果たすことができたのか? メディアが垂れ流す"偽りのノウハウ"を取り上げながら、"バカリーマン流"出世道を披露する!

出世する人に共通する"評判の好循環"とは - web R25(11年7月8日)

 成果、実力よりも、評判、自己PR力が出世には必要です。20代のうちから「知識、専門力」などで勝負しようと錯覚する人がいますが、20代で身につく専門力なんて、所詮どんぐりの背くらべ。この記事では「評判」という言葉を使っていますが、要するに「目立て」ということ。僕の友人の全米No.1セールスマンも、「僕はアメリカにいたけど、顔がアジア人だったから、アジアの案件では必ず指名された。要は目立っただけなんだけどね」と言っています。

 堅実に仕事をしていても、誰にも気づかれなければウワサのひとつも起きません。自分の頭の中は他人からは見えないので、まず外面で目立たないと、指名すらされませんよね。

ドントコイ社 社名由来は『トリック』だった - 日刊SPA(4月12日)

 何事も「極端にわかりやすい」か、「それ、絶対おかしいでしょ」というぐらい、振り切ると、実力がなくても目立つため、仕事が回ってきます。上司やお客さんからすると、「若手は大して能力差がない」という考えの人は多いので、「どうせ仕事を頼むなら、かわいいヤツか面白いヤツに」と思うのが人間です。となると、この記事のように明らかにおかしい社名をつけるとか、「僕は世界一のM男です。だから厳しい仕事をください」というキャッチコピーを名刺に書くとかすれば、賛否両論はあるにせよ、確実に仕事の数は増えるでしょう。

新聞社の「現在の就活に対する提言」は、所詮は奇麗事の寄せ集めに過ぎない - 就活生に甘える社会人(2月13日)

 学生時代にこんな広告(記事内写真)をすり込まれたら、あたかも「日経新聞を読めば仕事ができるようになるのか」と錯覚します。が、僕はこれまで数千人の経営者、ビジネスマンとお会いしていますが、「人より優れた結果を出せた秘訣は?」という質問に「日経新聞を読んだから」と答えた人はひとりもいません。現に、僕は新聞なんて一度も読んだことありません。テレビ欄は別として♪

2月生まれは出世に有利で、3月生まれは不利!? 実は関係がある「生まれ月」による出世度の違い - ダイヤモンド・オンライン

 出身大学、保有資格など、出世した人のあらゆるデータが雑誌やネットなどで紹介されています。そのデータを参考に自分で行動を起こせるならいいのですが、この記事のような「自分の努力ではどうしようも変えることのできないもの」をデータとして見ても、何の意味もありません。実際に出世をした人は、「とにかく目の前のことをやっただけ」とか「人と違うことを結果が出るまでやり続けただけ」というような答えが返ってきます。

 出世のことを考えるなら、生年月日や占いなどで一喜一憂するのではなく、もっと現実的な部分をカイゼンしていったほうが得策です。